田んぼの中の無線小屋

新潟市のすみっこ、田んぼに囲まれた掘っ立て小屋でひっそりアマチュア無線を楽しむオッサンの堕落日誌^^;

TL8TT 20m

 昨日の夜はものすごく凍った。
 極端に気温の低い日に見られる道路が白く凍り、さらにその上に白い粉雪がさらさらと低く這う、、、、ちょっとやばそうなのでアジトからの帰りは気をつけて運転してきた。
 まぁそれも北区から東区へ入り、さらに中央区に入ったくらいで急に道路が黒く濡れて問題なくなったので一安心したが。。。(ブラックアイスバーンだとやばいが)

 今朝はダメだと聞いていたのに、起きたら穏やかで失敗したなと思った。TL8TTは40mに出てくるようなので何とかQSOしたいものだが。。
 昨日は寒かったので返しに行けなかったDVDを返しに行く。10時までなら延滞料金取られない。その足で銀行により、さらに予約を入れておいた家の近所の床屋に。
 久しぶりに世間話した感じだ。

 昼飯を食べてからシャックに。16時ころにTLの午後からのレポートがある。
 ここ数日はいつも気づいてすぐ行ったものの17時を過ぎるともう聞こえない。今日行って分かったがオープンしていてもそれほど強いわけでもないようだ。
 それでもピークではQSOには充分だったようだ。20mSSBはJAのOPだったのでその辺はよくサービスしてくれた。

 RTTYはCQが出てUP1がでたのですぐUP1で呼んでコールバック。
 CWは出来なかったが、、、、あれ?2波同時は他のペディションでも見るけど3波同時?まじか。。。

 14のバンドスイッチを3回押す。どれも聞こえている。SSBはまぁだましようもだろうけど、こうなるとCWは?SSBは??と心配になる。clublogあたりに上がってくれれば安心なんだが。。。

 9H3WHXが17SSBで捌いていた。こちらはショートパスだ。最初ロングパスで呼んで一応QSO出来たがそのあとJAがわっときて確認のために回していったらショートパスの方が全然強かった。これも数日きいていたが全くできなかったところだ。欲を言えばRTTYやりたかったけど。。。(彼は結構RTTYも出る人なので)

 今日の目玉はZA5Gの17RTTYになるかな。
 ZAは過去のQSOが1個もLOTWに上がっていない。最近QSOしたZA1Eの40mCW、今日のZA5Gの17RTTYが乗ればLOTWでまた1UPになる。 期待したいところだ。
 
 

10年ぶりの試験

 久しぶりに試験を受けてきた。

 なかなか休日に試験がないらしいが、今回は珍しく日曜が試験日にあたった一陸特の試験だ。

 身体も頭もだらけるだけだらけていたので、いまさら試験とか受けて勉強できるのだろうか。。。。みたいなところから冷やかしで受けてみることにしたけどいや大変だった。。。

 1アマを受けてから20年近くたつ。最後に試験を受けたのは2008年のFCCだ。
 他には無線に関係なく試験と名のつくものを受けたためしがない。

 願書出してから一応問題集を買ってきてあった。
 けど「最近は模試形式で過去問を扱ってるサイトがあるんですよ」と教えてもらい、メインはそっちでやっていた。

 これは10年前に受けたFCCの試験の時と同じやり方だ。
 サイトにアクセスすると、問題が出題されて選択がラジオボタンになっている。
 回答すると丸かバツか判定され、点数(正答数。。。回答率など)が出る。

 こういうやり方がいいとは思わないが、いまさらこの年で資格を取ったところで別に仕事の役に立つわけでもないしw
 使っていたサイトはものすごくいさぎのよいサイトで、簡単な回路の計算(LC回路やキルヒホッフなど)は最初から捨て問題と位置づけ、最初から解説もないw
 他にも覚えにくい公式は無理に覚えず、確実に溶ける問題を増やしていけとか、理解を深めるなら資格を取ってからでもできるとか、まぁ言ってみれば効率重視の方法をうたったところだった。
 まぁめんどくさがり屋の俺には向いていたらしい。。。なにせ本を開くだけで強力な睡魔が襲ってくるクソ中年には厳しい一か月だった。

 今朝は2時ころ出発。下道で。
 途中長野県境は-10度と言う厳しい冷え込みだったが道路は乾いていたので助かった。寧ろ帰りの山道のほうが完全に雪で道路が白くなっていて怖かった。

 問題に触れた印象では使いまわし問題が多いということ。
 特に法規は結構いい点とれていたので工学メインで少しでも覚えることに努力した。

 試験になってもんだいをめくる。。。。え?なにこれ。。。

 もう飽きたよ。と思うほど目に焼き付いていた問題などほとんどない。遭遇したことない問題が結構あった。
 もちろん既出問題でも出題サイクルが異なるものもあるので遭遇してない問題もあったろうけど、それでも過去数年分はやってるんだぜ。。。

 問題数の多い工学はむしろ助かった。24問中15問解けば合格ラインだ。9問までなら間違えても良い。
 でも法規は。。。12問しかなくて8問がライン。猶予は4問しかない。。。

 問題の方にマークした回答の番号を丸で囲み、何度も頭から検証しなおした。
 でも所詮見たことない問題などいくら考えても出てこない。一か八かって感じ。。。

 結局時間いっぱい使って答案を塗った。勿論何回も塗り直しした。
 教室は最後俺一人だった。

 国道18号を走りながらたまに駐車スペースでツイッターを見る。
 解答速報のURLを教えてもらったので答え合わせしたら一応合格ラインにいたようだ。ほっとした。。。

 まだ一応試験と名のつくものを受けてもなんとかなった。。。
 暇なうちにジャンルにとらわれず何かとってみたいものだが。
 
 

PJ2ND@80m

 昨晩結構荒れていたようだったので夜更かしして朝遅めに起きたのに天気がそれほど悪くなっていなくて逆にがっくり。

 クラスタにはTU5MHの40mのレポートもあったし。。。

 朝を食べてハロワにちょっと行ってから昼飯へ。出たついでと思ってラーメン食べに行ったがどこも混んでいる。。。
2,3のラーメン屋を行ったり来たりしながら最寄りの店の一つに入る。
 いつもならカウンターなんだが、あまりに混みすぎていてちょうどいい具合に席が空かない。
 マクドナルドにあるような小さい二人用のテーブルに案内される。

 となりに20代後半~30代くらいのお姉さん二人が喋りながら食事していた。

 何とはなしに話を聞いていると結構食べるのは趣味らしい。
 お酒でお冷やと言ったら常温で出すお酒の事で、冷やしてあるのは冷酒と言うのだそうだ。酒飲まない人なので一つ勉強になった。

 それにしてもよく食べる。。。
 もともと豚骨スープが有名な店だ(天下一品や、滋賀県にあるバリバリジョニーのような濃厚なものではないが、骨は煮出しているようなちょっと粉っぽい感じのがどんぶりには残る)。
 スタンダードなラーメンに片方のお姉さんはチャーハン、片方のお姉さんはさらに卵の載ったチャーハン。それだけではない。サイドメニューのから揚げがどどんと。子供のゲンコツ位ある唐揚げが5つ6つ。どこかの地方のお好み焼きのようにマヨネーズが縞模様に描けてある。。。20代前半の男が食う量だぜそれ。。。と思いながら見ていたがさすがに唐揚げは半分くらい食べて残りは持ち帰っていたw

 久しぶりにローカル宅に顔を出した後ビデオ屋行って帰って来てから晩飯食べていたらP4やPJ2が80mで良く入っているとのレポート。聞けば20時ころまでは聞こえていたというではないか。今はまだ19時。急いで車を出していってみる。

 まだ筋肉痛の引かないほど労働した路肩の雪はかなりなくなっていた。
 シャックに入ってすぐ電源を入れる。PJ2NDはリアルで599だ。。。これは相当強い。しかもUP1とほぼ同じところを拾っているようだった。無事QSO。
 どれP4は。。。。と思ったらノイズの下に何かいる気配がするだけ。中国の局が呼んでいたがP4なんだか、クラスタに上がっていたHI1UDなんだかよく分らない。
 結局3D2AGと2Qやっただけで撤退。少し行くのが遅かったようだ。P4もPJ2もCFMがないので明日はもう少し早く行ってみたい。
 まぁ天気が持てば。。。だが。

 TU5MHの40もやりたいなぁ。。。明日は出るのかどうか。。。
 


約ひと月振り

 何年に一遍、1月2月に雪でシャックに入れないことがある。

 もともと川のそばで年がら年中風が強いので、雪が積もることはない。とは言え数年に一回は積もることがあって、道路は除雪が入ってすぐなくなるのだが、除雪車が押しのけた雪が路肩に数十㎝の壁を作り、シャックに入る畦道への入り口をふさぐ。

 雪は解けかかっては朝になると冷えて固くなり、ザラメ状になる。粒が大きくなってスコップでも簡単に崩せなくなる。

 以前乗ってたデリカでも1,2度スタックしたことはあるけど、たいていの雪なら4WDにしてガスっと押し入れたが、今の車は腹が低すぎてうっすら畦道に被ってる程度の雪でもスタックしてしまう。難易度が上がってしまった。

 昨日午後から2時間ほど除雪して、かろうじて車が入れる程度に除雪しておいた。
 今日行ってみてどうかと思って4WDにして入ってみたらかろうじて。。。。本当にかろうじて入った。。。。けどちょっとこすったっぽい(汗。。まぁそういうのも想定の上で中古車しか乗らないことにしてるのだw

 ひと月振りにシャックの敷地に。
 大晦日に直せなかった160のワイヤはそのまま。雪から掘り起こそうと思ったがスコップが立たないほど固い。
 1,2m横に掘るだけでもまた随分かかる。全部掘ったら2,3時間かかるのか。。。時間はともかく、昨日久しぶりに動いたせいで身体が痛い。とりあえず午前は様子見して午後気温が上がったら考えることにしてシャックへ。

 良くシャックを空けていた期間が長いとろくなことがない。
 最近は減ってきたが(なくなってはいない)ネズミの外だとか、あと大きなところではPCの故障だ。
 コンセントはローテータのコントローラだけは抜く。やられやすいからだ。あとは基本的には同軸ケーブル含めて抜いたことはない。雷が落ちにくい場所だ。
 だけども過去にも何台か壊したことはある。近くに落雷した時の髭をもらってマザーボードが壊れたり、ローテータのコントローラが壊れたりする。今回は大丈夫だった。

 まず最初にネット回線の確認。光をやめてmvnoになったのでシャックのPCはすべてwifiになった。のでこれが動かないとネットが出来ない。
 次にPCの確認。大丈夫。 ctestwinのverup 4.09>4.10に。最近版にはMMTTYも1.68Aが同梱されているようなので、識字率が高いとされる1.65Dにダウングレード。
 設定ファイルは基本残るようなので何もしないでも普通に動いた。まぁ細かい所は今度詰めよう。

 前に一回ワンセグが死んだSDR関係もチェック。無事に起動。HDSDRも動くしCW skimmerも動く。ただ電源投入直後にワンセグのQRHがひどい。まぁ2個で1500円くらいの安物だから仕方ない。TCXOが入っていればもっとドリフトは少ないだろうけど¥5Kは高い。。。しかも一回3ヶ月ほどで昇天したので、いくら強化型と言ってもTCXOとUSBコネクタを交換したくらいのものだからここはQRHを細かく修正することで対応しよう。それもある程度時間があれば安定する。。。と言うかそもそもそんなにskimmer使わないしな。。。PCが非力なせいかメモリリソースが大きく消費されるとリグとの通信が途絶えてしまう。。リグとHDSDRの間だと思うけど。。。まだ詰め切れない。今は余計なソフトを起動しないことと、HDSDR起動中はVFOのA/Bを同じバンドにそろえておくくらいしか対応策が思いつかない。。

 あと今日はツイッターでやり取りしていてSSTVを久しぶりに受信してみた。
 このPCになってからソフトも入れてなかったのでMMSSTVをインストール。前はスラント調整だったか、同期をとる作業とかあったようだが今は何もしなくても綺麗に取れているようだった。

 昼にちょっと外出、夕方戻ってきてタワーの下に行ってみたけどワイヤはまだがっつり潜っていて雪もかたい。
 160は当分諦めだな。。。

 ワッチの途中で寝てしまったんでPCの電源を落として帰宅。
 20QSOほどで今年の初日が終わった。
 
 

JR0YEE 停波

 例年1月の前半の週末に仲間内の新年会があって東京に行く。

 大体は埼玉にある鷲宮神社、東京の神田明神に絵馬を描いて奉納して今ではずいぶん少なくなったが有志が集まって会食して終わるパターンだが今年は「君の名は。」の舞台になった東京のいくつかのポイントを回るというおまけがついた。

 ついつい無理をしてしまい、足を引きずるようにして新潟に帰ってきたのだが、その帰りのバスの途中でJH0ISW皆川さんがツイッターに投稿した記事で知った。

 それによるとJR0YEEは昨年いっぱいでQRTしたようだ。
 メンテナンスではなく完全な停波だとのこと。

 たしか2~3Wで運用されていたビーコンだったはずだ。
 それでもあちこちからレポートが来ていたのはクラスタなどでも確認できる。

 もう30年くらいになるのではないか。
 県内のビーコンだからアンテナの様子を見るにも重宝した。

 一番最後に利用したのはCW skimmerが動いているかどうかの確認だった。
 静かな6mにくっきりと豆腐のような符号が並び、ちゃんと動作していることが確認できた。

 長い間の稼働おつかれさま。
 
 

HNY2017

 あけましておめでとうございます。

 自分にとっての大きな節目の年であった2016年が終わりました。
 まだ相変わらず予定が決まっていませんが、ボチボチやっていきたいと思います。

 昨年はの総QSOは約4500QSO、ほぼ平均的な数字で終わった。
 DX,国内ともに伸び代は少ないので微増に終わった。

 システム的には少し変更があった。
 まず紙ログをほぼ完全になくした。基本的にはロギングをソフトを軸に、ある程度の所でデータをそろえてハムログのcsvに書き換えて既存のデータにマージする方法に変更。これによりデータ登録時のJST/UTCの変更間違いなどを無くすことができるのと、PCと連動したリグからの情報を常にロギングソフトに反映させることでバンドモードの記録違いを無くす効果を期待できるように。

 ただまだ100%安心できるというわけではない。特にHDSDRやCW skimmerと言ったソフトを並行して動かすとリグのバンド情報の読み取りが出来なくなることがあり、この辺は引き続き調査が必要。
 特にCW skimmer使用時にバンドを頻繁に変えると通信が普通になってリンクしなくなる。
 CWskimmerはA,BのVFOを交互に高速に読むので、AとBのバンドが違ったまま頻繁にバンドを切り替えるとリンクの外れる確率が高いような気がする。
 解決するにはPC自体をもっとハイスペックにするか(現在のはdual-celのクソ安いマシンに32bit-OS/4GB(実質3GB))、64bit-OSでメモリを使えるようにして仮想ポートのVSPEを64bit版に入れ替える必要がある(VSPEの64bit版は有償)と思われる。

 CPU負荷率よりもメモリリソースが50-60%を超えると不安定になるような気がするので、たぶん今のを64bit-OSにして4GBフルに使えれば解消しそうな気もするけど。。。こればかりはやってみないと何ともな感じだ。

 たぶん今年も去年と変わり映えしないと思う。社会復帰でき無くてシャックを畳むことになる不安は付きまとうけど^^;
 物置を兼ねているのでそう簡単には畳めないけど。。。

 まぁボチボチと低空飛行でやっていくことになるかと思いますが
 一つよろしくお願いします。
 
 

ちょっと早い?クリスマスプレゼント

 昨晩何やらローバンド良かったげなので今日は早く行ってみた。

 160mではコンテストをやっていた。GLを送るらしい。聞いてみると近場ばっかり。AS/EUのオソロシアがずらりと並んでいるけど、東欧圏含めて他はほとんど聞こえてない。HSが聞こえてたくらい。
 日が昇って160が終了してからあちこち聞いてみたけどこれと言うのはなかった。7のOF9XがJA向け?にサービスしていた。
 最初はオープン戦だったが蔵に乗ったのか急にパイルが厚くなる。

 OPはOH2BHだったようで、エリアしてしてやり始めたときはダメだこりゃ。。。と思った。VL-1000のATUが壊れて上ではリグの内蔵ATUで200Wがいい所だ。この感じだと回ってくる前に沈むか。。。と思ったが。。。
 そこはさすがと言うか、そこそこの感じでゼロまで回る。何とかQSO出来た。0830頃JAを切り上げてヨーロッパにアンテナを回したようだ。その辺も計算されてるのかな。。

 昼間はパッとしない展開だった。7で記念局を呼んだり、転寝したりしていた。
 国内の移動も何組かいたようだけど日曜にしては盛り上がりに欠ける。まぁハイバンドまで追いかけられる感じでもなかったし。。。

 夕方。
 知らぬ間にまた1時間以上寝てたらしい。どうも社長椅子は寝てしまうようだ。

 いつのまにやら1930。最近は早く帰って来いとうるさいのでそろそろ撤収か。。。と思ったけど、まてよ。昨日の80のVP5なんじだっけ。。。とQSOした人に聞いたら1940頃だと。
 ちょうどいいタイミングじゃないか。。。と、、、3502でCQが始まる。

 昼間や夕方、雪やあられでフロアが上がってこれはダメか。。。。と思っていたが、いまはVP5/VE7ACNのCQがよく聞こえている。

 UP1で呼んだら断片が返ってきたのでフルコールで送ったらすぐQSOできた。これが2番目以降だったら多分待たされたろう。。

 ちょっと早めのクリスマスプレゼント?かな。
 もちろん追加はいくらでも受け付けますよw

 ローバンドのnewはまたうれしいものだ。
 

埋蔵金発掘

 今日はレポートもしょぼかった。

 昼頃所用で出かけたほかは自宅警備。午後からはガチ寝してしまった。。。

 基本的にログの管理や何かはシャックでやっている。プリンタもシャックに置いてあるのでQSLの負債処理も向こうへ行かないと出来ない。自宅にいるときにやってるのはLOTWへのファイルのアップロード位だ。

 そのLOTWのデータと、ハムログのcfm/wkd、clublogなどのログサーチのデータに齟齬があると感じることは、誰でもあると思う。
 うちなんかはTurbo HAMLOGを使っている関係でLOTWにアップロードする前のファイル変換でその可能性がさらに高まる。

 前置きするとソフトに不具合があるわけではない。
 だけど、v4.56dをかなり最近まで愛用していたのでファイルの変換の時に完全にならない場合がままある。

 v4まではコールサインの入力の文字数に制限があったのでこれがまず引っかかる。
 特にv4までは/のあとのエンティティが3文字しか入らない。のでこのままADIFに吐いてしまうと区別のつかないエンティティが出てくる。
 例を挙げると VP2◎とかCE0◎とかいう奴だ。他にもたくさんあるけど、例えばVK9シリーズなんかはエンティティにゆかりのある文字が入っているコールサインを割り当てられていることが多く、/VK9◎でのQRVはないわけではないが少ない
 逆にFOなどは一見見分けのつかないコールでQRVしているので注意が必要になる。でもADIFフォーマットのあとの文字列が合致していればそれほど問題にはならない。

 問題になるのはやはりエンティティが4文字以上になる場所。
 例えば今日はログを精査していたらVP2VがほとんどLOTWでCFM出来ていなかった。ログを見るといくつかQSOはある。
でもたとえばv4のハムログでは基本的にコールサイン/エンティティと言う固定フォーマットで入力することになっている。
 今回の場合はNY6X/VP2だ。でもこれではLOTWにヒットしない。まずエンティティがVP2Vになっていなければならない。
さらにVP2V/NY6Xが正しい。これはv4でもrmks欄に$DXを入れることで反転できる。でもそれはあくまで手作業で入れねばならないので忘れてることも多い。今回はまさにその両方だった。

 二つ目のケースはJST/UTC間違いだ。
 ハムログは別に全部のQSOをJSTでもいいし、UTCでもいい。でもQSLの印刷の時に順番がおかしくなるので国内QSOはJST,DXはUTCで統一している。まぁこれも最初から統一しておけば困らなかったのかもしれないけど。。。QSL印刷の時になまじDXはJSTでもUTCでもUTCで時間を印刷するので自分的にはおなしなことになってしまった。

 まれに時間だけを9時間ひいてJSTのままにしたり、逆に時間がそのままでUTCだけになったりしてるデータがあり、それをADIFに変換するとLOTWでは当然ヒットしない。(うちではv4時代はMMTTYの機能を使ってADIFを出力していた。この機能ではJSTは自動でUTCに変換される)

 その辺を直すことで増えたのがいくつもあった。
 今までクレジットのなかったVP2EのRTTYとか、今日は前出のVP2VでRTTYと3~4バンドが追加。

 すでにQSO済みのデータなので労せずCFMが増えるのはうれしいことだ。
 暇があったら今後もやっていこうと思う。
 

考察:君の名は。その他

 今年はいろいろはまった。
 今は君の名は。とかこの世界の片隅にとか、馨の形などがある。前半ならガルパンできまりかな。

 君の名は。は作品自体がよかったのはもちろんあるのだけど、事前のPRも入念に行われていた気がする。
 映画館ではだいぶ前からPVが流れていた。

 キャラクターデザインはあの花やここさけを担当した田中将賀さん。この人の絵は好きだ。特に子供の絵が抜群に可愛い。
 作画監督に安藤雅司さんが入って絵柄がちょっとジブリっぽくなった。元絵が同じでも製作会社が違うと雰囲気も変わる。

 腐ってもアマチュア無線家なので、登場する無線機は気になるところだ。
 小海町高原美術館に展示してあった資料には、具体的にこの無線機を描け、といった具体的な指定はなかった。

 特に三葉が妹の四葉とともに神社の舞台で舞を舞うシーンがある。その直前に同級生で電気工事屋の息子、勅使川原の部屋が映るが一番最初に無線機と言うよりも測定機っぽい横長の機械が転がっているのが見えるが、コンテでは箱しか書いてなかった。
 作画スタッフは部室のシーンに出てくるTS-520だけは写真張りのクオリティで描いている。よほど思い入れがあるのか。
 勅使川原もお前歳いくつだよ、と言うくらいでかくてクラシカルな無線機を並べている。部室の方も520の他ラックにはTS-900やFT-401とおぼしき無線機も見て取れる。まぁ何れも古めかしいものだ。
 部室は代々受け継いだ負の遺産w、勅使川原は親父のものを受け継いだと言えば苦しい言い訳もたつけどそれにしても古い。
 特に通電して動かしているテッシーの方は。。。w ちなみにそのシーンの一番冒頭の映像で勅使川原家の全景が出るがアンテナは描かれていない。部室の中断に納まっているのがFT-401と断定したのは本体ではなく付属の外部VFOから判断した。
 親機はFTDX-400とかその辺の可能性もあるのだけど、この時代の無線機はラインも共用ではなくそれぞれデザインが異なる。 
シンプルなパネルはFV401のものだった。バラで買った可能性もあるけど、まぁここはラインから考えてFT-401だろうw
 リグの他にもX68000やルービックキューブなどわれわれ世代に訴えてくるアイテムが数多く映る部室だった。
 欲を言えば無線機も背景画レベルではなく見て断定できるくらいの画質だと面白かったが。。。

 声優は彼が声を当てたキャラクタの映画は大ヒットするという神木龍之介くん。非常に芝居がうまい。
 三葉は上白石萌音さんでこの人の声の心地よさはほんといい。聞いてて耳に障る部分が少しもない。妹役の谷花音ちゃんも四葉と同じくらいの年齢らしいが会話のタイミングとかホント天才的だと思う。

 でもむしろ評価したいのはさやか役の悠木碧さんかな。彼女の演技が抜群にうまい。
 さやかももちろんだけど、馨の形でも西宮結弦と言うヒロインの妹に声を当てているが同じ人とは思えない。勿論単独の映画だけ見れば目立っているわけではないけど、二本を見比べると存在感が分かる感じがする。

 そして、馨の形も君の名は。も舞台は岐阜。
 昨日も書いたけど、歳くってから出歩くようになって聖地巡礼もやるようになった。

 君の名は。の古川町周辺、馨の形の大垣市、両方ともいい景色がたくさんある。
 大垣の水路を中心とした景色は、自分が地元の住人なら週に一回は眺めに行きたいような場所だ。

 そして両方の土地も道の脇に流れている水路に大きな鯉がたくさん泳いでいる。水がとてもきれい場場所。
 今年は岐阜が舞台のアニメがアツかった。

 君の名は。に出てくる架空の土地、糸守町のモデルは諏訪湖だという。確かに景色は似てるんだが、諏訪湖は外周が広く大きさは全然違う。むしろ美術館のちかくにある松原湖と言う説もある。
 だがこちらは小さすぎるし周りに家もない。ただ、すぐ横に神社があって鳥居から湖の湖面が望めるらしいところがイメージにあったとかないとか。。。時間がなくてよっては来られなかったが。。。

 君の名は。のロケハンは全部は無理だ。行っても東京周辺のいくつかの駅。。。四ツ谷駅や代々木駅、ラストシーンの須賀神社位。瀧君の通っていた高校は広島にある高校がモデルだし、三葉が汽車に乗った無人駅は秋田にある無人駅がモデルだという話。そして宮水神社のご神体のある場所のモデルは青ヶ島らしい^^;

 他はともかく東京周辺のロケハンはしたい気がするw
 

軽井沢シンドロームのその先に「君の名は。」のルーツがあったw

 歳を取ってから何かにはまると始末に悪いな。。。と思うw

 まぁもともと好きではあったけど、今みたいにはまるようになったのはまだ数年前の話。
 地元ではそういう話をする友人もいなかったので、せいぜいTVアニメを見たりする程度だったが、行動範囲が広がって若いころに比べると小金も持っているので出かけたり、グッヅ買ったりとかするようになったらはまってしまうようになった。

 その顕著な例の一つが聖地巡礼だと思う。

 きっかけはけいおん!だった。
 その以前に入会していたmixiのコミュニティでけいおん!のオフがあった書き込みを見た。場所はもちろん滋賀県犬上郡の豊郷小学校旧校舎。書き込みでは結構な数の人数が集まり、新潟県からも何人か参加しているのが分かった。

 滋賀県なんて途方もなく遠い。。。俺はまあ一生行くこともないな。。。と最初は思っていたのだ。
 公共交通機関で調べると新潟から上を通って滋賀に入るルートはろくなのがない。関西~福井辺りまでは直通で繋がっているけど、その先がうまくない。東京へ出てから米原まで新幹線なら早いがその分費用が掛かる。

 運転は嫌いではなかったけど片道500キロも走れるのか。。。という疑問がまずは持ちあがった。まぁ結局は慣れなんだけど。。。

 決定的だったのは費用の差だ。もともと車で行くのは新幹線よりは安いけど、行きだした当初は高速1000円が適用だったのでこれが大きかった。
 兵庫県まで行く用事があったのでこれを車で。。。と言う計画を立てて実行。
 一番最初に訪れた豊郷小学校はホント夢のような空間だった。再現率の高い建物は雰囲気がとても良い。当時は売り出したばかりで小さいイベントなどもしょっちゅうあったようだ。
 2回目に行った時のスタンプラリーみたいなので町内のお店をいろいろ尋ね歩く機会があったのだけど、地元の人との交流がまた通学を加速させた。
 豊郷への登校は今も続いているけど、他の所にもだんだんと行くようになった。埼玉の秩父や鷲宮、広島、長野県の小諸、軽井沢。茨城の大洗。。。そこそこ出かけるようになったのはここ数年。

 今年のアニメは当たり年。特に代表的なのは「君の名は。」だ。
 監督が長野県の小海町出身ということで地元の美術館が特別展示をしている。クリスマスまでらしいので見に行くことにした。

 暇はあるけどお金がない状態なので行きは下で行った。
 途中雪が心配だったけど、さすがに上越からR18で県境の方に行ったときは路肩に雪があった。
 長野の郊外の方で出勤渋滞。それでもなんとか10時過ぎに美術館につく。

小海1

 つくと丁度修学旅行か課外授業だかの一団体と入れ替わる。
 課外授業だとしたらタイムリーだったろうなぁ。

243823779_org.jpg

 中は日差しの入るガラス張りの廊下を降りて半地下の展示室に入る。
 企画書からイメージボートのようなものから、絵コンテが多く展示されていた。企画の段階ではもっと違うタイトルだったが、まぁ昔の映画と被って感じはあるけど君の名は。と言うシンプルなタイトルは良かったと思う。
 糸守と言う架空の土地や組紐と言った要素は最初からあったようだ。

 絵コンテは非常にわかりやすい。コンテも多分監督が描いてるんだろうけど絵がうまい。
 アニメ監督でも監督専業で絵はあれな人も結構いる。コンテだからもちろん簡略化した線だけど、絵がうまい人の絵はラフの段階から雰囲気が出る。映画の表情そのままのコンテ絵も数多く、コンテ絵がうまいのに感心したと同時に、これを忠実に拾ってスクリーンに持ってきた作画スタッフも素晴らしい。
 イメージを可能な限り共有しようという工夫は随所に見られた気がした。Vコンなるコンテ絵をカットごとの時間でスライド再生状態にした映像があって、これは全体の雰囲気をつかむのにすごくいい工夫だと思った。
 コンテでは絵で伝えきれないと思われる場所は写真でその場面が貼られていた(例:スマホで文字を打つシーン)けど、Vコンではその部分は動画だった。
 セリフ見本の動画ではタイミングなど新海監督が直接セリフを吹き込んでイメージ化しているのも驚いた。

 隣のレストランでは、劇中瀧君と奥寺先輩がデート中に食べていたスイーツを再現したパンケーキがメニューにあった。期間限定だし一日の提供数も限定らしい。平日だからセーフだったけど。243843360_org.jpg

 一回ゆっくり見て回ってスイーツを堪能した後にもう一度ゆっくりと見て回ってから美術館を後にする。
 まだ3時なってないくらいだ。。。そうだ。と軽井沢のJH0MHE小林OMにメールを打ってみる。

 小海から約1時間半北上すると軽井沢に出る。なかなかアンテナを拝む機会もないので久しぶりに連絡を取ってみた。
 EB出来なかったけどアンテナは拝見してきた。ここでは掲載許可が出なかったwのでアンテナの写真は割愛しますが大きいのが上がってましたよw

 そして軽井沢と言えば軽井沢シンドロームの聖地。まだあそこが残ってるのか。。。と行ってみたらありました。。。
243787773_org.jpg

 軽井沢の駅前から近い古い喫茶「古月堂」漫画の中では喫茶「ら・くか」として描かれている。
 もう20年以上前になるけどお昼を食べに、当時モービルハムではがき職人をやっていたメンツで遊びに来たことがある。

 営業している雰囲気ではないしもしや閉店。。。と思ったが、帰宅して調べたら夏場は毎日営業、冬場は土日のみだが営業しているそうだ。

 日も暮れてきたので帰ろう。。。と思ったけど碓氷峠を越えて群馬に出て高崎でJK1IKQ千明君、JJ2GAZ松山君とご飯。
個人的にはハムフェア以降に会っていたけど3人では今年初めて。
 晩飯後に高速に乗って帰宅。内容の濃い一日だった。

 昔は他愛もない話で笑い合っていたけど、いまや同級生の通夜に行っただとか、家の墓どうするみたいな話をしている。
 千明君は最近お父様をなくされ、今日も同級生の通夜だったそうだ。

 もうお互いそんな歳なんだよなぁ。。。
 地元にもろくに友達もいないんだけど、逆にこんな腐れ縁の友達もいる。

 だからなんとかやっていけてるんだな。。。と
 


«  | HOME |  »

Counter

TweetsWind

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Solar Data

Appendix

JH0RNN

JH0RNN

へっぽこアマチュア無線局
国内外問わずQSOしています。HF~UHF,CW/SSB/RTTY
上のバンドは衛星とEMEも。

よろしくお願いします^^

FC2Ad

まとめ