田んぼの中の無線小屋

新潟市のすみっこ、田んぼに囲まれた掘っ立て小屋でひっそりアマチュア無線を楽しむオッサンの堕落日誌^^;

軽井沢シンドロームのその先に「君の名は。」のルーツがあったw

 歳を取ってから何かにはまると始末に悪いな。。。と思うw

 まぁもともと好きではあったけど、今みたいにはまるようになったのはまだ数年前の話。
 地元ではそういう話をする友人もいなかったので、せいぜいTVアニメを見たりする程度だったが、行動範囲が広がって若いころに比べると小金も持っているので出かけたり、グッヅ買ったりとかするようになったらはまってしまうようになった。

 その顕著な例の一つが聖地巡礼だと思う。

 きっかけはけいおん!だった。
 その以前に入会していたmixiのコミュニティでけいおん!のオフがあった書き込みを見た。場所はもちろん滋賀県犬上郡の豊郷小学校旧校舎。書き込みでは結構な数の人数が集まり、新潟県からも何人か参加しているのが分かった。

 滋賀県なんて途方もなく遠い。。。俺はまあ一生行くこともないな。。。と最初は思っていたのだ。
 公共交通機関で調べると新潟から上を通って滋賀に入るルートはろくなのがない。関西~福井辺りまでは直通で繋がっているけど、その先がうまくない。東京へ出てから米原まで新幹線なら早いがその分費用が掛かる。

 運転は嫌いではなかったけど片道500キロも走れるのか。。。という疑問がまずは持ちあがった。まぁ結局は慣れなんだけど。。。

 決定的だったのは費用の差だ。もともと車で行くのは新幹線よりは安いけど、行きだした当初は高速1000円が適用だったのでこれが大きかった。
 兵庫県まで行く用事があったのでこれを車で。。。と言う計画を立てて実行。
 一番最初に訪れた豊郷小学校はホント夢のような空間だった。再現率の高い建物は雰囲気がとても良い。当時は売り出したばかりで小さいイベントなどもしょっちゅうあったようだ。
 2回目に行った時のスタンプラリーみたいなので町内のお店をいろいろ尋ね歩く機会があったのだけど、地元の人との交流がまた通学を加速させた。
 豊郷への登校は今も続いているけど、他の所にもだんだんと行くようになった。埼玉の秩父や鷲宮、広島、長野県の小諸、軽井沢。茨城の大洗。。。そこそこ出かけるようになったのはここ数年。

 今年のアニメは当たり年。特に代表的なのは「君の名は。」だ。
 監督が長野県の小海町出身ということで地元の美術館が特別展示をしている。クリスマスまでらしいので見に行くことにした。

 暇はあるけどお金がない状態なので行きは下で行った。
 途中雪が心配だったけど、さすがに上越からR18で県境の方に行ったときは路肩に雪があった。
 長野の郊外の方で出勤渋滞。それでもなんとか10時過ぎに美術館につく。

小海1

 つくと丁度修学旅行か課外授業だかの一団体と入れ替わる。
 課外授業だとしたらタイムリーだったろうなぁ。

243823779_org.jpg

 中は日差しの入るガラス張りの廊下を降りて半地下の展示室に入る。
 企画書からイメージボートのようなものから、絵コンテが多く展示されていた。企画の段階ではもっと違うタイトルだったが、まぁ昔の映画と被って感じはあるけど君の名は。と言うシンプルなタイトルは良かったと思う。
 糸守と言う架空の土地や組紐と言った要素は最初からあったようだ。

 絵コンテは非常にわかりやすい。コンテも多分監督が描いてるんだろうけど絵がうまい。
 アニメ監督でも監督専業で絵はあれな人も結構いる。コンテだからもちろん簡略化した線だけど、絵がうまい人の絵はラフの段階から雰囲気が出る。映画の表情そのままのコンテ絵も数多く、コンテ絵がうまいのに感心したと同時に、これを忠実に拾ってスクリーンに持ってきた作画スタッフも素晴らしい。
 イメージを可能な限り共有しようという工夫は随所に見られた気がした。Vコンなるコンテ絵をカットごとの時間でスライド再生状態にした映像があって、これは全体の雰囲気をつかむのにすごくいい工夫だと思った。
 コンテでは絵で伝えきれないと思われる場所は写真でその場面が貼られていた(例:スマホで文字を打つシーン)けど、Vコンではその部分は動画だった。
 セリフ見本の動画ではタイミングなど新海監督が直接セリフを吹き込んでイメージ化しているのも驚いた。

 隣のレストランでは、劇中瀧君と奥寺先輩がデート中に食べていたスイーツを再現したパンケーキがメニューにあった。期間限定だし一日の提供数も限定らしい。平日だからセーフだったけど。243843360_org.jpg

 一回ゆっくり見て回ってスイーツを堪能した後にもう一度ゆっくりと見て回ってから美術館を後にする。
 まだ3時なってないくらいだ。。。そうだ。と軽井沢のJH0MHE小林OMにメールを打ってみる。

 小海から約1時間半北上すると軽井沢に出る。なかなかアンテナを拝む機会もないので久しぶりに連絡を取ってみた。
 EB出来なかったけどアンテナは拝見してきた。ここでは掲載許可が出なかったwのでアンテナの写真は割愛しますが大きいのが上がってましたよw

 そして軽井沢と言えば軽井沢シンドロームの聖地。まだあそこが残ってるのか。。。と行ってみたらありました。。。
243787773_org.jpg

 軽井沢の駅前から近い古い喫茶「古月堂」漫画の中では喫茶「ら・くか」として描かれている。
 もう20年以上前になるけどお昼を食べに、当時モービルハムではがき職人をやっていたメンツで遊びに来たことがある。

 営業している雰囲気ではないしもしや閉店。。。と思ったが、帰宅して調べたら夏場は毎日営業、冬場は土日のみだが営業しているそうだ。

 日も暮れてきたので帰ろう。。。と思ったけど碓氷峠を越えて群馬に出て高崎でJK1IKQ千明君、JJ2GAZ松山君とご飯。
個人的にはハムフェア以降に会っていたけど3人では今年初めて。
 晩飯後に高速に乗って帰宅。内容の濃い一日だった。

 昔は他愛もない話で笑い合っていたけど、いまや同級生の通夜に行っただとか、家の墓どうするみたいな話をしている。
 千明君は最近お父様をなくされ、今日も同級生の通夜だったそうだ。

 もうお互いそんな歳なんだよなぁ。。。
 地元にもろくに友達もいないんだけど、逆にこんな腐れ縁の友達もいる。

 だからなんとかやっていけてるんだな。。。と
 


やすらかに

 年齢を重ねてきたのもあるだろうが、春に親父を亡くしてから、死と言うものを考えるようになり、また涙腺が弱くなってしまった。

 先週からの連続だったがこの週末も登校していた。休めるチャンスが限られているので仕方ない。

 登校中にアニメの声優さんの訃報があった。
 松来未祐さん。享年38と若い。

 アニメはここ数年結構な量を見ているが、それほど詳しいわけではない。
 松来さんに関しても、知っているのはほんとたまゆらというアニメくらいで、ほかの出演作はほとんど知らないといっていい。

 たまゆらとは亡くなったお父さんの形見のカメラで写真とともに生活していく女の子の話だが、その実写真のシーンはそれほど多くなくて日常の描写が細かく書かれている。
 中でも舞台になる広島県竹原市の情景は素晴らしく、訪れるファンも多いようだ。
 そういう自分も2回ほど行ってみた。

 アニメのために、そんな遠いところまで行ったのである。勿論個人的な行動範囲の最西端になる。
 それくらい魅力のある場所だった。

 松来さんはその中で、竹原にあるお好み焼きや”ほぼろ”の女主人、八色ちも と言う役を演じていた。
 おっとりおおらかな広島弁を喋るとてもチャーミングな女性だ。たぶん個人的にたまゆらのキャラの中でも一番好きなキャラである。

 いま劇場版が公開されていて、4部作になっているが来月3部目が公開される。
 2部目はこの夏公開だったが、闘病生活の中で、見事にちもさんを演じていた。

 もともと中の人にはあまり興味のないほうなので、まったく知らなかったが、SNSに感想を書いた際につながっている人から病気の話を知らされたのだった。

 そして10月27日に他界されたようだ。
 訃報が流れたのは2日。登校中だったので下手だったけど心をこめてちもさんの絵を描いた。

 昨日の帰り、追悼の意味もあってたまゆらのDVDを見ながら走ってきた。
 画面の中のちもさんはいつもと同じに笑っていて、その暖かい雰囲気のために不思議と涙は出なかった。

 それくらい癒される作品の中で温かい人柄をキャラに吹き込んでいた松来さんのご冥福をお祈りします。

 

山本二三展etc

 アニメ系の展示会がちょくちょくある。
 新潟県が漫画の振興などに比較的協力的であるという環境もあるのか(その割には残念ながらアニメ不毛の地といってもいいと思うよ。。。地上波ではさっぱり放映ないし)

 特にビルボードプレイスの一階にある常設展示と、新津美術館はよくアニメ関係の展示がある。

 ビルボードの一階にはついこの前まで米村宏昌展があって、終了が近いので見てきた。
 今日は新津美術館で開催されていた山本二三展に行ってきた。ジブリやその他のスタジオで背景画で活躍しているアニメーターだ。

 宮崎監督とはずいぶん昔から組んでいたようだ。ラピュタやもののけ姫、他にも多くの作品で一緒にやっていたようだ。
 自分的には細田守監督の「時を駆ける少女」の背景のほうかな。

 とにかく風景が緻密で細かい。入ってすぐのところにある「時かけ」の主人公である真琴の家の絵は本当に綺麗だ。

 背景のほかにイメージボードやポスター用のイラストなども飾ってあった。
 細かい絵は本当に細かいが、色とか陰のつけ方、そしてこの人の持ち味である雲の描き方が素晴らしい。

 もちろん線がで緻密に見せるところは見せてるんだけども、どちらかと言うと色の組み合わせで影や立体感の表現をしている。
 だから建物の絵なども素晴らしいが(学校が建築関係だったらしい)、自然の風景。。。草や雲といった表現がすごいのだ。

 ギャラリーの中ほどで、20分ほどのビデオが上映されている。一枚の紙に雲を描いていくと言う手順を紹介したビデオだが、いきなり一番濃い色から塗っていくと言うのも驚いた。
 画材の特徴、紙の特徴を熟知してればこその技がすごい。細かく描いているわけではないのに夕焼けの空の様子がすごくリアルにかけていくさまはさすがプロと言わざるを得ない。

 結局展示会の図録と、背景画集を買ってしまった。。。思わぬ出費。

 展示会を堪能したあとにシャックへ。
 49のバズは聞こえているけど750だけ。Esもさっぱりだったので4時半ころいったん外出。

 近所のおじさんがシャックの小屋の裏にあるポンプを見に来ていて声をかけられたので20分ほど立ち話。

 そのあとたまゆらをみてシャックに舞い戻り。
 結局進展なかったので帰宅。シャックからスキャナを持って帰ったので鉛筆画を取り込んでみたが、自分の持っているものよりもかなりパワフルな感じ。取り込みが早くなった。ツイッターのフォロワさんにもらったものだが大事に使わせてもらおう。

 少し早く帰宅。BSのアニメを堪能した。

京都、豊郷巡礼

 年が明けて、ようやく少し動けるようになって来ました。
 休みは何回かあったのだけど、今年の1月は雪が凄くて、豊郷であった澪誕にも参加出来なかったし。。。

 と言うわけで、未消化の休暇をくっつけた3連休があり、久々に出かけることに。

 最初は金曜日は家でゴロゴロして、少し早めに出て土曜の早朝に滋賀入りするつもりだったのですが、2エリア在住の友人から「木金で休みなので京都巡礼しています」とのメールが。
 彼も昨年の後半からけいおん!にはまり、名古屋と言う近さもあってかいいペースで豊郷に登校しているようで、よく写メで校舎の様子とか送ってくれています。京都泊で金曜日も巡礼する、と言うのでこれは行くしかないのじゃないか?と、急遽参戦決定w 2230帰宅でろくに寝ていないのに車で家を出ることに。

 もうペースは大体判っているので、途中仮眠しても9時には滋賀に着いた。
 平日だとETC上限1000円がないけど、深夜割で半額なので4900円。先日平日に帰って来たときに300Kmも下道走って4500円だったことを考えたらこれでも随分安い。
 近江鉄道の駐車場(1日最大600円)に停めて、JRでw京都へ。
 野洲で人身事故とかで30分ほど遅れたが、まぁそれでも11時には京都に着いた。

 中央口目指して歩いていたら友人の方が見つけて声をかけてきてくれました。
 早速大根みたいなローソクタワーを撮って散策開始。ちょうどお昼時と言うことで、さらさ西陣まで行くことに。1期11話で唯、澪、のどかで行った喫茶店。彼は昨日も行ったそうだけど、俺が初めてだと行ったらんじゃそこにしましょうと言うことで案内してくれました。

だいこんみたーい

 ところが開店まで少し時間がある。と言うことで今宮神社に。なかなか古い趣のある神社だけど、アニメに出てきた所で絵馬のかかっているところは半分以上痛い奴が下がっていました。。。w そしてさらさ西陣に戻る。

 元々はお風呂屋さんだったところを改装して喫茶店にしたという異色の喫茶店。店内はタイル貼り。
 男女の仕切りを大胆に切り崩して(でも残して)独特の雰囲気をかもしている。

 軽食セットを頼んだけど、思ったよりは量はあった。小食な人なら充分一回分の食事。西宮の喫茶店「夢」(涼宮ハルヒの憂鬱で舞台になった喫茶店)に行った時もしっかりしたボリウムがあって驚いたけど、関西はそう言う所なのかな。。

 その後市バスに乗って北白川の通りへ。ここは良く出てくるポイントを固まって抑えられる場所。
 はじめてけいおんのロケハンに来る人にはお勧め出来ると思う。一期OPで4人がジャンプする造形大の階段や、みんながよく集まるMAXバーガーのモデルになったマクドナルド、2期で二年生トリオが遊びに行ったバッティングセンターなんかもここにある。
 昨年の夏に来た時にバッティングセンターを撮り忘れたので撮影。造形大は改修工事をやっていた。階段は何とか撮影できたけど。。

 そして二人ともラーメン好きと言うこともあって、天下一品総本店に入るw さっきさらさで食ったばかりじゃねーか。。と言う突っ込みもあったが、ここまで来て総本店に入らずに帰るのもないだろう。幸い結構歩いているので腹がすくところもまでは行かないけどラーメンくらいなら入るw
 そしてそのあと、やはり外からではなく店内も見ましょうよ、とMAXバーガー、もといマクド北白川店に。ここではコーヒーだけw

 その後歩いて修学院駅に行き、駅周辺、錆の具合のいい踏み切り注意のプレートを写したり、隣のアーケードを見て歩いたりする。その後さらに奥へ行って松ヶ崎の唯の家のモデルとされる民家の隣を入っていった奥にある神社も散策。

 修学院駅ではヨガの教室のビラを配っていた小柄なおばさんが、ビラ配りついでにこの辺で写真とっている人は何を撮っているの、とデジカメを下げている俺たちに聞いていたので、「アニメで使われているんです」と言ってあいぽんに入れてたけいおんの動画を見せる。10話(だったかな)でムギが駅から降りてくるシーン、そのあとさわことクリスティーナwが駅前の踏み切りのところで話しているシーン。ほんとにピンと来たかどうかは疑問だが、おばさんは「あらほんと、そっくりやね~」と社交辞令らしい文句を言ってた。

 そしてこれも初体験だったが叡山電鉄にのって市内へ戻った。近江鉄道張りのローカル線だが、車体はちょっと新しい感じ。鴨川の飛び石(1期OPにでてくる)に。
 寒いせいもあって人もまばら。フルートの練習をしている人も居た。デジカメを下げている野郎二人は。。。間違いなく同業者(笑い)だろう。そう言えば松ヶ崎にも居たな。別の人が。。。
 端から見えるところに2期2話でみんなで言ったホームセンターのモデルとされるケイヨーデイツーがあるので行ってみる。平たい大きなHCを想像していたけど、意外に小さい場所でびっくり。特徴的な青い横断幕?のありがとうございますの文字も見れなかった。レイアウトも変わっているようだ。

 その後三条のJEUGIA本店に。今回は中も入ってみた。
 ここはアニメで見た通りの店内だ。特に地下一階のギター売り場はほんとそのまま。と言うよりアニメ以上に品揃えがある感じだった。

系列のお店なの~

 しかし、バス、電車でこれだけみて回れると言うのにも驚いた。範囲が狭いと言うのもあるけど、プランが大事なんでしょうね。まぁ今回は割りにのんびり(時間を気にせず)回ったけど、それでもかなり成果があったと思います。飛んでいるところ(北野天満宮や花園会館、南禅寺、宝ヶ池)は別に見ないといけないですが、一日で回った割には充実感がありました。
 友人の方は明日(土曜)は仕事だと言うので1930頃お別れ。晩御飯をご一緒出来なかったのが残念。

 そんなこんなで京都の一日が終わりました。

«  | HOME | 

Counter

TweetsWind

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Solar Data

Appendix

JH0RNN

JH0RNN

へっぽこアマチュア無線局
国内外問わずQSOしています。HF~UHF,CW/SSB/RTTY
上のバンドは衛星とEMEも。

よろしくお願いします^^

FC2Ad

まとめ