田んぼの中の無線小屋

新潟市のすみっこ、田んぼに囲まれた掘っ立て小屋でひっそりアマチュア無線を楽しむオッサンの堕落日誌^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆弾低気圧

 たぶん、あとになって「未曾有の」とか「何十年に一度の」とかって言われるのだと思うけど、今回の暴風はタワーを倒した2005年に近い印象を受けた。
 新潟県でも佐渡では40m以上の風速を記録している。海岸に近く、高いもののない新潟市北区では似たような観測記録が出たことだろう。。。(観測してれば。。。ね)

 シャックでも被害があった。
 中でも厄介なのは6mのスタックがあがっているタワーのマストが曲がったことだ。
 こいつは元々CD社製の繋いで6m位になるマスト(4m+入れ子で径の細いパイプを溶接でトータル6m位?)に、太い方のパイプと同じ太さの4mを被せて8mとして作ったマストで、勿論スタック幅を稼ぐために長くしたものだ。
 川のそばにあるシャックなので、通常は川のほうから風が吹いてくる。6mのアンテナはエレメントに対してブームが長いのでEu方向に向けておけばたいていの場合凌げる。
 この地にシャックを展開して以来、台風やらの被害にあってはよりたい風速のある、でも大型のアンテナになってきた。そのせいもあってか、アンテナやタワーは当初よりも大掛かりになってきてはいるが、被害(修理など)は実は少なくなっている。
 2007年に今の構成になってから、台風による破損はなく、ここ数年は修理もなかった。

 話が脱線したけど、そんなことで6mのマストは長さこそ長いが、もちろん高張力材で殆どの部分が二重になっている。
 川の脇なので台風並みの風も珍しくもないがびくともしなかった。今回はアンテナこそばらばらにはならなかったが、瞬間的にものすごい力が加わったのだろう。数度だがお辞儀をしてしまったようだ。
 実際真下から見ると気づかないくらい。でも土手の上から位はなれると明らかに不自然な傾きをしている。
 たいていのことは気にしないが、見栄えもさることながらバランスが悪い。ローテータにも変な負担が掛かって壊れないとも限らないから直したいところだけど、たぶん見た目のわずかさからは想像できない位修理は厄介な気がする。

 HFタワーの方はトライバンダーと18の4エレがずれてしまっていた。
 あと80と160はワイヤを引っ張ってヒートンのようなもので地面に突き刺して引っ張っていたが、両方とも抜けてヒートンが空中で暴れていた。。。ガクブルw

 実は先月、登校の帰りに凍結した路面で完全にコントロールを失い、自爆して車の修理も上がってきたばかりだった。
 今年はぶっちゃけ収入以上に金が出て行ってる感じだ。。。やれやれ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

どうもです。
うちも数年前の台風時にズボラかまして、マスト曲げたました。エレベータートラックがレールから外れてタワーの途中から90度お辞儀(笑)
少し傾いたまんま、数年放置です。

 あらら。。。^^;
 うちの場合マストパイプが二重だったのでわずかに曲がっているだけなのですが、これが今後どう言う風に影響していくのか。。
 今はとりあえずローテータも回るようなので使用にはあまり影響ないようですが、風が強い場所なので片側にバランスの悪い負荷が掛かっているとさらに悪化しそうなので。。。

 ちなみにそんな場所なのでエレベータとかクランクアップだと伸びる暇がないのでw すべて自立ですw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://radioshack.blog87.fc2.com/tb.php/76-05c38b29

 | HOME | 

Counter

TweetsWind

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Solar Data

Appendix

JH0RNN

JH0RNN

へっぽこアマチュア無線局
国内外問わずQSOしています。HF~UHF,CW/SSB/RTTY
上のバンドは衛星とEMEも。

よろしくお願いします^^

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。