FC2ブログ

田んぼの中の無線小屋

新潟市のすみっこ、田んぼに囲まれた掘っ立て小屋でひっそりアマチュア無線を楽しむオッサンの堕落日誌^^;

PCに振り回される

 ”のめしこき”なのでカード発行の補助のためにログソフトは人並みに導入していたけど、その入力はずっと紙ログをある程度溜めて月に1,2度入力するやり方を取って来た。
 入力したデータが本当に確かかどうかを確認できる"よりどころ"としての紙ログの安心感にずっと頼ってきたが、それでも入力ミスはあるわけだし、CATでロギングソフトが常にバンドモードを追従してくれるから、その種の誤りもだいぶ少なくなった(ないとは言わない。ログと通信できなくて変更してなかった、なんてこともあるので)

 逆にほぼ全てのデータ入力がPCベースになってしまったために、PCが不調になった時のモチベの下がり様は顕著になった。

 この週末がまさにそんな感じだった。

 数日前からリグとPCの通信が出来なくなっていた。ちょっと前までそんなことしてなかったのでコンテストの時も手動でバンドやモードを切り替えていたし、不便と思っていなかったが、今は紙ログをつける代わりに普段のログはCTESTWINを走らせておいて、どこに入力している。CATで連動しているのでバンドモードは追従、コールサインを入力してコンテストナンバーの欄に国内ならJCC/Gコードを入れておく。自分的には概ね100局位になったら一回csvに吐いて修正、それをハムログにマージする。その後にデータの保守でマスターデータからQTHを転送でQTHを一括入力、DXのコードと国内は両方は上手く入らないのでこちらは手打ちにしている(この数が多いと嫌になるので100Q位で一旦貼り付ける)
 FT8はJTDX→JT Linker→ハムログに直接入るので、これと、衛星は数が少なければ直打ちするけど、呼ぶ対照が多ければメモ書きする。今はコレが唯一の手書きログで、大体サフィックスと時間くらいしか書かないので忘れないうちにLOSしたらすぐにハムログに打ち込む。これを日付時間でソートすれば終わり。

 CATは今はかなりお世話になっている機能だ。ロギングソフト、FT8のクライアントも周波数を拾ってくれなければにっちもさっちもいかない。CW-skimmerを使うにしても、HDSDRに落としてそれをリグと連動させてskimmerが働くのでリグとPCが通信しないということは無線が出来ないと言うのとほぼいっしょになる。まぁそれだけ便利に慣れてしまったということだが。。。

 土曜の朝。AもKも数字が高くてぱっとしない感じだったので意を決してPCを引っ張り出す。
 キューブ型のケース。場所を取らなくてよい。LGAソケットになってからはCPU実装済みのもっさりしか使ったことない。今の奴もCPUの上にフィンしかついていないタイプだ。Dual-celleron
260473910_624.jpg

 最近の機体には付いてないのもあるが、無線の世界ではまだまだcomポートが必要だ。
 今使っているマザーはVGAの下に1個、シリアルポートがあるが、コネクタが取り回しにくいのと、もう1個comが必要なのもあってシリアルの拡張カードを入れている。CATとCW/RTTYのインターフェースと2個のポートに並べて接続している。

 数日前からリグの周波数を拾わなくなった。ロギングソフトもJTDXでもだめだ。
 てっきり拡張カードが駄目になったと思った。数日前まで使えていたのが急に駄目になった感じ。

 尼でぽちったカードをあけて見る。あれ?PCに入ってたカードと見比べると、なんか部品の配置がそっくりなんだけど。。。
 一抹の不安が(汗

260473927_624.jpg

 今の製品の梱包はどこまでも簡略化されている。本体の他、かみっぺら一枚しか入ってない。ドライバはサイトでダウンロードの形でミニCDすら入ってなかった。
 とりあえず新しいカードを取り付けて、サイトに繋いでダウンロード。

 ところが

 サイトの最後の方にインストールの前にカードを装着すると正常にインストールできないとか何とか書いてある。。。
 そう言うのは説明書の方に書いておいてくれよ。。。思えばコレが尾を引いたのかも。。。

 一回取り外し、ドライバは一旦削除、インストール。その後カード装着。。。
 だが上手くいかなかった。一回入ったけどなんかだめ。デバマネで見るとcom3になるべきところがcom10に。何じゃこりゃ?と思って再起動するともう一回ドライバを当てに行こうとして、結局!が付く結果に。。。

 夕べはツイッターでUSB<>シリアルを使ってはどうか、と言う意見もいただいたのだけど、バスレベルのシリアルとUSBの変換では全く別物といっていい。ちなみに一回同じような症状でそれも試したことがあるかリグの周波数を拾うのに数秒掛かる。ネット経由のリモートなんかだと本当に切り替わってるかも疑わしい。
 コレはいよいよ組み換えなのか。。。。だがまてよ。JN7FAHさんからちょっと古いけど。。。と頂いたPCがあったな。そいつで試してみるか。。。狭いラックをかいくぐってPCをセットアップ。久しぶりの起動なのでwindows updateもやる。JTDXをインストールしてモニタしてみると、まぁ使えないことはない。コレは予備として当てに出来る。さすがメーカー製は安定している。
260473943_624.jpg

 コレに拡張カードを入れようと思ったけど、ロープロファイルだったので金具の付け替えと、結局ログやらなにやら全部移行しないといけないのが億劫で断念。
 もう一度だけ。。。。ともう一回PCを入れ替えてみた。

 すると。。。どうも拡張カード2ポートのうち、片方は使えそうだ。com4の方は生きている。
 故障前com3だった方のポートは相変わらず駄目。今はcom10と認識されているがそれも何かの要因なのか。。。

 とりあえずCATはもともと本体にあったcom1のシリアルポートに。一応故障前の状態で動くようにはなった。残尿感の残る感じの終わり方だが。。。
 原因も良く分からないまま、なんとなく直った?感じになった。まぁ結果オーライだけど。

 でもそろそろ組み換えを考えた方がいいかな。
 マザーボードにせめて1個でもシリアルが乗っているといいのだけど。
 今のマザーはHDMIとか付いてるのにRS232Cはついてないんだよな。。。

 あと気づいたのは、ハードをいじって変更したあとの再起動でBIOS画面になることがある。
 いつもではないけどBIOSの時計が2012年だか変な時間になるので要注意。

 ラックは無理すればミニタワーくらいまでなら入りそう。
 しばらく様子見ながら使ってみます。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://radioshack.blog87.fc2.com/tb.php/257-d175a0ae

 | HOME | 

Counter

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Solar Data

Appendix

JH0RNN

JH0RNN

へっぽこアマチュア無線局
国内外問わずQSOしています。HF~UHF,CW/SSB/RTTY
上のバンドは衛星とEMEも。

よろしくお願いします^^