田んぼの中の無線小屋

新潟市のすみっこ、田んぼに囲まれた掘っ立て小屋でひっそりアマチュア無線を楽しむオッサンの堕落日誌^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波時計

 シャックと車にそれぞれ電波時計を何個か積んである。
 電波時計を選ぶ時の条件はえらく単純。単に値段が安いことだけだ。

 ベースのクオーツがどんなにクソでも、1日に1回(安い奴はほんとに一回。他数回と言うのもある)の補正である程度正確さが保たれるなら、なにも高級なものでなくてもいい。いくら安くたって、電池さえあれば1日で数秒程度狂う位なもので、実用にはそれほど困らない。WSJTのように誤差が厳しく管理されていなければならない場合を除き、困るような誤差でもない。

 ところが、この地震でその電波時計たちもだんだんと一人歩きしてきた(笑い
 シャックにある電波時計はどれ一つとして補正マークがついていない。車にある奴は1個補正されていた。
 シチズンだかの子会社で作っている980円のタイプだが、一つはだめだったが、もう一つの少し新しいタイプ(温度計付き)は補正されていた。ひょっとしてこの値段で60KHzタイプなの??

 先日永年勤続なんちゃらで景品に電波時計の掛け時計を貰っていた。
 箱書きを見ると40.60KHz両対応である。60KHzの送信所は到達距離の北限がこのあたりなので、受信を期待して次の休みにはシャックにもって行くつもり。

 PCにはNTPで補正するツールも入れてあって、正確な時刻も表示されるんだけど、やっぱ時計を見ないと雰囲気出ないよねえ。。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://radioshack.blog87.fc2.com/tb.php/25-5e6bde1b

 | HOME | 

Counter

TweetsWind

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Solar Data

Appendix

JH0RNN

JH0RNN

へっぽこアマチュア無線局
国内外問わずQSOしています。HF~UHF,CW/SSB/RTTY
上のバンドは衛星とEMEも。

よろしくお願いします^^

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。