FC2ブログ

田んぼの中の無線小屋

新潟市のすみっこ、田んぼに囲まれた掘っ立て小屋でひっそりアマチュア無線を楽しむオッサンの堕落日誌^^;

アンテナ交換

 実は先月の20日、長年使用していたCL6DXZのスタックを、少し小さいCL6DXXのスタックに交換した。

 最初は、SWRが上がるとなかなか回復しなくなり、しまいにはほとんど聞こえなくなったAFA30を交換するだけの予定だった。
 同じ市内のローカルのOMより30mのモノバンドを譲っていただけることになり、調べたらコイルだけで40K近くかかるAFA30の保守部品よりも安く譲っていただけると言う事なのでお願いして、上げ替える算段をしていた。

 302.jpg

 だがそこで待てよ。。。年々SWRが上がり、ここ2,3年はATUを入れないと間ともに電波も出ない感じになってきた6mもこの際何とかするってのはどうだ?と思い直すことに。
 だがメンテナンスを依頼している業者は上越なので、丸一日お願いしたとしても、DXZを2本おろし、給電部を手入れしてRTTYが50.9にバンドプランがあったころの広帯域チューンのエレメントを全部防水テープを剥いて再調整、また元通り上げる。。。なんてのはぶっちゃけ現実的ではなかった。
 時間的なことを考えれば作業日に合わせて新品を組んで上げ替えるしかない。それはタイヤを組み替えるかホイルにはめたモノを脱着するか。。。と言う考え方に近い。

 降ろしたアンテナは再生出来れば誰かに譲れば次期アンテナの頭金位にはなるだろうし、仮に再調整でDXZを上げ直すとすれば上越から2日分工事を頼むことになる。1日でアンテナ1本分くらい飛ぶことを考えたらやむなしだろう。
 そしてアンテナは、8エレで長年強風などの負荷でタワーもくたびれていることを考えてDXXとした。収入も少なくなったし、2本買うと差額で工事台くらい出てしまうのだ。。。

 GW前に何とかネットで2本買い求め、GW前半でのんびり休み休み組んだ。

DXX.jpg

 これら二つのアンテナを用意、工事日の20日を迎える。
 幸い天気も荒れずにアンテナは上がった。

DXX2.jpg

 今まで9mあったブームが7mに。その小ささからおもちゃっぽいな。。。と思わざるを得ないが、風による負荷の軽減、隣接タワーへの干渉の軽減などが期待できるし、Hi-SWRでパワーも50%ほどしか出なかったアンテナに比べればむしろ飛ぶようになるだろう。。。と勝手に良い方に考えて期待していた。
 今の所アンテナが小さくなったから。。。と言う影響は少ないと考えている。考え出すときりがないこともある。
 6mのDXもJTやFT8にシフトしつつあり、CWなど既存のモードほど弱肉強食感はない。まぁFT8などは本来ならそういう傾向なのかもしれないけど、マルチデコードと言う環境なため、力だけではない要素が影響するので幾らかDXには参加できそうだ。

 だが、少し気になったことがある。
 アンテナは設計図通りに組み立てたつもり。トラブルがあっても納得できるように一人で組んでいて確認した範囲では間違いはない。だがDXZ同様CW/SSBの周波数では少し高く(パワーが出なくなるほどではないが)、JT/FT8の周波数ではほぼ問題ない。そしてEu方面はそれほどでもないが北米方面だとSWRがちょっと高くなる。

 ちょっと前に回転部のFBケーブルに力が掛かって変な風にまがってしまい、溶断したという書き込みを見た。
 うちも回転部分はFBケーブルだし、思い当たらないこともない。最悪交換しても今より悪くはならないだろう。。。なら不安要素は一つでも減らしていくことだ。
 と言うことで回転部分の同軸も交換。心なしかノイズが低くなったような。。。まぁこれは多分プラシーボ効果。でも北米方面のSWRは結構低くなった感じ。
 またこれでしばらく様子を見る。たぶん大丈夫だろう。。

 それよりも大変状態の良い30mのアンテナは良く飛んでいる。こっちの方は期待以上だった。
 これでまた数年は楽しめるだろう。。。
 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://radioshack.blog87.fc2.com/tb.php/244-2855ec64

 | HOME | 

Counter

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Solar Data

Appendix

JH0RNN

JH0RNN

へっぽこアマチュア無線局
国内外問わずQSOしています。HF~UHF,CW/SSB/RTTY
上のバンドは衛星とEMEも。

よろしくお願いします^^

FC2Ad

まとめ