田んぼの中の無線小屋

新潟市のすみっこ、田んぼに囲まれた掘っ立て小屋でひっそりアマチュア無線を楽しむオッサンの堕落日誌^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埋蔵金発掘

 今日はレポートもしょぼかった。

 昼頃所用で出かけたほかは自宅警備。午後からはガチ寝してしまった。。。

 基本的にログの管理や何かはシャックでやっている。プリンタもシャックに置いてあるのでQSLの負債処理も向こうへ行かないと出来ない。自宅にいるときにやってるのはLOTWへのファイルのアップロード位だ。

 そのLOTWのデータと、ハムログのcfm/wkd、clublogなどのログサーチのデータに齟齬があると感じることは、誰でもあると思う。
 うちなんかはTurbo HAMLOGを使っている関係でLOTWにアップロードする前のファイル変換でその可能性がさらに高まる。

 前置きするとソフトに不具合があるわけではない。
 だけど、v4.56dをかなり最近まで愛用していたのでファイルの変換の時に完全にならない場合がままある。

 v4まではコールサインの入力の文字数に制限があったのでこれがまず引っかかる。
 特にv4までは/のあとのエンティティが3文字しか入らない。のでこのままADIFに吐いてしまうと区別のつかないエンティティが出てくる。
 例を挙げると VP2◎とかCE0◎とかいう奴だ。他にもたくさんあるけど、例えばVK9シリーズなんかはエンティティにゆかりのある文字が入っているコールサインを割り当てられていることが多く、/VK9◎でのQRVはないわけではないが少ない
 逆にFOなどは一見見分けのつかないコールでQRVしているので注意が必要になる。でもADIFフォーマットのあとの文字列が合致していればそれほど問題にはならない。

 問題になるのはやはりエンティティが4文字以上になる場所。
 例えば今日はログを精査していたらVP2VがほとんどLOTWでCFM出来ていなかった。ログを見るといくつかQSOはある。
でもたとえばv4のハムログでは基本的にコールサイン/エンティティと言う固定フォーマットで入力することになっている。
 今回の場合はNY6X/VP2だ。でもこれではLOTWにヒットしない。まずエンティティがVP2Vになっていなければならない。
さらにVP2V/NY6Xが正しい。これはv4でもrmks欄に$DXを入れることで反転できる。でもそれはあくまで手作業で入れねばならないので忘れてることも多い。今回はまさにその両方だった。

 二つ目のケースはJST/UTC間違いだ。
 ハムログは別に全部のQSOをJSTでもいいし、UTCでもいい。でもQSLの印刷の時に順番がおかしくなるので国内QSOはJST,DXはUTCで統一している。まぁこれも最初から統一しておけば困らなかったのかもしれないけど。。。QSL印刷の時になまじDXはJSTでもUTCでもUTCで時間を印刷するので自分的にはおなしなことになってしまった。

 まれに時間だけを9時間ひいてJSTのままにしたり、逆に時間がそのままでUTCだけになったりしてるデータがあり、それをADIFに変換するとLOTWでは当然ヒットしない。(うちではv4時代はMMTTYの機能を使ってADIFを出力していた。この機能ではJSTは自動でUTCに変換される)

 その辺を直すことで増えたのがいくつもあった。
 今までクレジットのなかったVP2EのRTTYとか、今日は前出のVP2VでRTTYと3~4バンドが追加。

 すでにQSO済みのデータなので労せずCFMが増えるのはうれしいことだ。
 暇があったら今後もやっていこうと思う。
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://radioshack.blog87.fc2.com/tb.php/196-7432862d

 | HOME | 

Counter

TweetsWind

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Solar Data

Appendix

JH0RNN

JH0RNN

へっぽこアマチュア無線局
国内外問わずQSOしています。HF~UHF,CW/SSB/RTTY
上のバンドは衛星とEMEも。

よろしくお願いします^^

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。