田んぼの中の無線小屋

新潟市のすみっこ、田んぼに囲まれた掘っ立て小屋でひっそりアマチュア無線を楽しむオッサンの堕落日誌^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”灯台放送”の終焉

 アマチュア無線に入ってきた人の中には、BCLから派生してきている人も多いと思う。
 それも国内の。。。。最初は、深夜放送のネットを追いかけて。。。とか、そういう分野ではない方から入ったりしていつかははまった。。。みたいな人もいるだろう。

 これからの寒くなってくる季節、秋の夜長の中波のQSBは独特の雰囲気と郷愁を誘う気がする。

 ”灯台放送”として親しまれてきた1670KHzの気象放送が明日の正午で業務を終了するそうだ。

 AMの少し上と言う入門しやすいようなしづらいような周波数。
 だが業務局の出力は50W、中には10Wと言うこの周波数帯にしては非常に低い出力であり、それだけにアンテナや受信の工夫と言うことでちょっとマニア心をくすぐられる部分もあるのではないだろうか。

 少し前に記事で読んではいたけど、気が付けば明日は30日。しかも晩飯後に読んだツイッターのTLでは業務は正午に終了するそうだ。AM放送を聞いてる人ならBCLerでなくても中波なら明るい時間よりも夜の方が伸びることは知っている。
 つまり、いい状態で聞こうと思ったら今日行くしかないということだ。

 どうせ職場に残していた荷物を取りに行くつもりだった。
 そそくさと荷物を車に押し込んでシャックへ。

 一応曲がりなりにもHF固定機、周波数はドンピシャではないが160用のアンテナがある。受信ならそこまでぴたりに合わせなくてもまずまず充分だ。どの程度聞こえるのか。。。。とまずは聞いてみる。
 ん?何かおかしい。。。聞こえるけど。。。。はっきり音にならない。。。いろいろいじってて、ルーフィングフィルタが入ったままになってたのに気付く。これを3KHzにもどしてあとはUSB。AMよりも若干だけど聞きやすいような。

 だけどGENモードではVRFやAPFなどの武装がきかない。AMでは帯域さえ変化させられないのは残念。
 とりあえずUSBなら帯域だけ変化できたような。結局2.4KHzにしてたけど。

 放送の順番と一緒に地図上に今現在放送している局の場所を示してくれるサイトがあるというので繋いでみていた。

 みやこからはじまって一通り聞いてみた。

 良く聞こえなかったのはみやこ、やえせ、とい。。。この辺は気配を感じる程度。大阪は10Wだそうだがほぼ無感。

 あとは強弱の差はあったがおおむね受信可能だった。
 おおせざきとかみつしまはきつかったかな。地図上でいくらもずれていないわかみやとかは良く聞こえるのに。。。まぁアンテナの指向性や局舎の立地と言った要因もあるのかもしれない。

 手軽にユーティリティ受信を実感させてくれるこのシステムがなくなるのは残念だ。
 弱い信号を追いかけるのにはやはりロマンがあるよね。
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://radioshack.blog87.fc2.com/tb.php/179-e19b7fa3

 | HOME | 

Counter

TweetsWind

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Solar Data

Appendix

JH0RNN

JH0RNN

へっぽこアマチュア無線局
国内外問わずQSOしています。HF~UHF,CW/SSB/RTTY
上のバンドは衛星とEMEも。

よろしくお願いします^^

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。