田んぼの中の無線小屋

新潟市のすみっこ、田んぼに囲まれた掘っ立て小屋でひっそりアマチュア無線を楽しむオッサンの堕落日誌^^;

山本二三展etc

 アニメ系の展示会がちょくちょくある。
 新潟県が漫画の振興などに比較的協力的であるという環境もあるのか(その割には残念ながらアニメ不毛の地といってもいいと思うよ。。。地上波ではさっぱり放映ないし)

 特にビルボードプレイスの一階にある常設展示と、新津美術館はよくアニメ関係の展示がある。

 ビルボードの一階にはついこの前まで米村宏昌展があって、終了が近いので見てきた。
 今日は新津美術館で開催されていた山本二三展に行ってきた。ジブリやその他のスタジオで背景画で活躍しているアニメーターだ。

 宮崎監督とはずいぶん昔から組んでいたようだ。ラピュタやもののけ姫、他にも多くの作品で一緒にやっていたようだ。
 自分的には細田守監督の「時を駆ける少女」の背景のほうかな。

 とにかく風景が緻密で細かい。入ってすぐのところにある「時かけ」の主人公である真琴の家の絵は本当に綺麗だ。

 背景のほかにイメージボードやポスター用のイラストなども飾ってあった。
 細かい絵は本当に細かいが、色とか陰のつけ方、そしてこの人の持ち味である雲の描き方が素晴らしい。

 もちろん線がで緻密に見せるところは見せてるんだけども、どちらかと言うと色の組み合わせで影や立体感の表現をしている。
 だから建物の絵なども素晴らしいが(学校が建築関係だったらしい)、自然の風景。。。草や雲といった表現がすごいのだ。

 ギャラリーの中ほどで、20分ほどのビデオが上映されている。一枚の紙に雲を描いていくと言う手順を紹介したビデオだが、いきなり一番濃い色から塗っていくと言うのも驚いた。
 画材の特徴、紙の特徴を熟知してればこその技がすごい。細かく描いているわけではないのに夕焼けの空の様子がすごくリアルにかけていくさまはさすがプロと言わざるを得ない。

 結局展示会の図録と、背景画集を買ってしまった。。。思わぬ出費。

 展示会を堪能したあとにシャックへ。
 49のバズは聞こえているけど750だけ。Esもさっぱりだったので4時半ころいったん外出。

 近所のおじさんがシャックの小屋の裏にあるポンプを見に来ていて声をかけられたので20分ほど立ち話。

 そのあとたまゆらをみてシャックに舞い戻り。
 結局進展なかったので帰宅。シャックからスキャナを持って帰ったので鉛筆画を取り込んでみたが、自分の持っているものよりもかなりパワフルな感じ。取り込みが早くなった。ツイッターのフォロワさんにもらったものだが大事に使わせてもらおう。

 少し早く帰宅。BSのアニメを堪能した。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://radioshack.blog87.fc2.com/tb.php/135-1467df9c

 | HOME | 

Counter

TweetsWind

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Solar Data

Appendix

JH0RNN

JH0RNN

へっぽこアマチュア無線局
国内外問わずQSOしています。HF~UHF,CW/SSB/RTTY
上のバンドは衛星とEMEも。

よろしくお願いします^^

FC2Ad

まとめ