田んぼの中の無線小屋

新潟市のすみっこ、田んぼに囲まれた掘っ立て小屋でひっそりアマチュア無線を楽しむオッサンの堕落日誌^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろあった

 長らくブログをサボっていました。。。というか三日坊主で長続きしないのだけど。。。

 その間にもいろいろなことが。

 一番大きな出来事といえば、父親が他界したことだ。

 もともとそれほど仲が良かったわけではない。普段からほとんど会話もせず同じ屋根の下にいても生活リズムがまったく違うために顔を合わせるのもまれだったほどだ。

 3月の中旬に腰が痛いとか言い出して、それから病院に。
 医者嫌いの私と違って、少しでも違和感を感じるとすぐに受診に行くほど身体に気を使い、健康ヲタクと言ってもいいほどだったのに、最初の医者からただの腰痛ではない感じだと紹介状を書いてもらい、段々と大きい病院に回され、最終的には大学病院での診察になった。がんで、すでに全身転移で手術もままならないと。

 年寄りの癌は進行が遅いと言うイメージがあるが、半月前まで精力的に動き回り、自分で車のタイヤを冬タイヤから夏タイヤに交換したりしていた。それが下旬の3月26日に入院、日に日に見て取れるほど悪くなって4月2日に他界した。

 新潟の桜の開花は例年だいたい4月下旬である。
 今年は親父の逝った2日にはもう開花宣言が出されていた。桜まで持たないかもと言われた親父に見せるように早く咲いた気がした。

 忌引きや何やらでばたばたと1ヶ月が過ぎた。

 田舎の百姓の出で学もない親父だったが、晩年はまめに日記をつけるようになった。
 何が目的かはわからないが。。。

 それをまねようと言うわけではないけど、少しはブログに記録を残したほうがいいのかな。。。と考え始めたのは事実。
 まぁ思うだけで。。。今までとそう変わらないと思うけど。

 最後に会話したときは喉頭がんもあったのか、すでに声を出すのがかなりきつそうだった。
 「一人暮らししたければ、出てもいいんだぞ。。。」と言うのが最後の言葉だった。

 割と自分勝手なところのあった人だったが、それだけに子供に迷惑をかけたくないと思ったのか。。。

 そして大学病院の病室で私の姿を見つけたときに軽くうなづいたので、こちらもうなづき返した、そのアイコンタクトみたいなのが本当に最後のやり取りだった。

 俺より長生きしそうで、殺しても死にそうになかった親父もあっけなかったなぁ。
 まぁ足の悪い母親があまり病院に日参しないうちに逝ってしまったのは家族に負担が少なくてぶっちゃけ助かった部分もあるけど。

 まぁあれやこれやあったけど、今の現状ではシャックもいつまで維持できるかわからないので、少しはブログに綴っていこうと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://radioshack.blog87.fc2.com/tb.php/131-72948922

 | HOME | 

Counter

TweetsWind

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Solar Data

Appendix

JH0RNN

JH0RNN

へっぽこアマチュア無線局
国内外問わずQSOしています。HF~UHF,CW/SSB/RTTY
上のバンドは衛星とEMEも。

よろしくお願いします^^

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。