田んぼの中の無線小屋

新潟市のすみっこ、田んぼに囲まれた掘っ立て小屋でひっそりアマチュア無線を楽しむオッサンの堕落日誌^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片淵監督と再び

 昨年11月12日公開のこの世界の片隅に、も今日で163日目だということだ。

 確か全国67館で公開が始まり、少しづつ上映館を増やしてピークでは200館前後になった。
 だがどんなに勢いのあるものでもいつかは衰えるときがくる。現在公開館は30館程度らしい。

その中でも気を吐く勢いを見せているのがイオンシネマ新潟西だ。

 公開初日から今までずっとロングランをしている。イオン系列はもとより、全国のその30館の中に入ってる。
 これは新潟県人として誇らしく思ってもいいだろう。

 そして、今日は片淵須直監督の舞台挨拶があった。

C-EoEy5U0AAWC4P.jpg

C-EoEy2VwAE7u3I.jpg

 イオンシネマでの上映だと、舞台挨拶などを系列の全国のイオンシネマに配信してLV的なものを開催してくれることがある。
 LVでもいいから片淵監督のトークを聞いてみたい。。。という思いは持っていた。LV配信に期待もしたし、実際上越の高田世界館で上映した時は見に行ったものだ。
 今回は家から10分強のイオンシネマだ。行かない手はない。いつもは買わないネットでチケットを買う。

 シャックにちょっとワッチに行って、11時少し前に出る。
 それにしても日曜日の幹線が何処も混んでいる。間に合わないのでは。。。と思ったくらいだ。

 現場についてあわてるとロクなことがない、と思いチケットは昨日のうちに発券しておいた。

 マイマイ新子も素晴らしい作品だと思う。見た後の言葉にならない感想。。。みたいなものを感じる。時代はこの世界の片隅に、に近い昭和30年代の山口県の話。そしてこの作品も当時の日常をいきいきと描いていた。

 終わってからの舞台挨拶は相変わらず冒頓とした感じで、でもいろいろと楽しい話が聞けた。
 なんていうのかな、監督は凄いお話し好きなんだろうな、と思わせる。大学で講義も持ってるっポイけど受けてみたいものだなぁ。。

 トークも終わって休憩。15分しかない。トイレに行った後、車に戻って後部座席をあさる。
 高田世界館に行ったときに、可能であれば、と思ってサインしてもらうために買った公式ガイドブック、あそこでは現地の物販で買ったものに限られていたのでそのままになっていた。

 戻ってこの世界の片隅にを見る。
 あれっ。。。。この回、音がずば抜けて良い。開始早々思った。
 帰宅してからツイッターでその話を書いたら今日参加の人で立川の爆音上映を見てきたという人から同じような感想をもらった。
バックの音を凄く良く再生している。あまりの音の良さに今まで気づいてなかったところに音が盛り込まれているのに気付いた気がした。

 そして、舞台挨拶と言うことで熱狂的マニアみたいなのだけかと思ったら、普段あまり映画を見ていないと思われる年配の方々も結構来られていたようだ。
 この世界~ではもともとマンガと言うこともあり、割とべたな漫画的手法でここ笑う所だよ、見たいなシーンがたまにある。
 だが応援上映や絶叫上映の類でなければ通常声は出さない。エチケットだから。
 でも今日はそういう部分で結構クスクス、どころではない。笑いが起こっていた。特に妊娠をにおわせる(結局はしてないけど)「はい、二人分!」のところや晴美を疎開させようと思って切符買いに並んでいる所の「自慢の竹やりがあるじゃないですか」と言う部分で笑いが起こってる辺り、観客の平均年齢がアニメらしくないほど高いことを証明したw

 そして再びトーク。
 映画を作るまでの紆余曲折、全速力で疾走する怪獣を作る話もあったがぽしゃって代わりに手掛けたのがこの世界の片隅にだったことなど興味をそそる話。
 そしてディテールにこだわる監督の話は興味深い。例えばVRなどでも、パラメータが多く細かく詰めて行けば行くほどリアリティに影響してくるが監督のこだわりはまさにそれなんだと思う。あった事実を徹底的に調べ上げなるべく当時の状況を客観的に描こうとした作品であることが、話を聞いてうかがえる。

 そして、マイマイ新子とこの世界~を通してみて思ったことがある。
 マイマイ新子の世界は昭和30年代、すずさんのいた広島より10年あとの山口県。地域も近いのでそれほど(首都圏などは別にして)差はないと思われる。

 確かに新子の世界での暮らしぶりは、すずさんのいた広島よりはいい感じに書けている。
 例えば玉音放送を聞きに近所の人が集まったあの世代から10年、新子は自宅で寝っころがりながらラジオの時代劇を聞いている。氷を入れる式ではあるが冷蔵庫があったり台所も原始的なかまどより幾分近代的なものに見えた。

 ただ、である

 新子の家は(失礼な言い方をすると)きれいではない。
 家の隅々の埃や、子供の服が汚れていたり宝物を入れておく箱を見せたとき、砂の被ったガラスをふくと、その中の宝物の横にダンゴ虫が這っていたりとか、家の門の前で放し飼いの鶏が卵を産んだりしている。学校の同級生もいかにもアホそうなのがはだしで、シャツの袖は汚れ、風呂も毎日入ってるとは思えない風体。。。でもそういうのは自分が子供の頃も多少はいたものだ。
 だがそれより昔のすずさんの家は確かに古いつくりだけど埃っぽさを感じないのである。

 個人的な推測だけど、デジタルペイント全盛になって、色も汚い色を出しにくくなった。。。と言うか戦時中だしそれほど派手な服があるわけではないだろうからどうしても暗い色になりがちだけど、画面が暗いとか汚いとか感じない。絵として描かれてはいるけどその絵の醸し出す当時の猥雑な感じの空気感が薄いのである。
 マイマイ新子はその点そういう空気感がよく出ていた。もしかしたら製作スタッフも若くなってしまい、当時を知らない人ばかりになってしまったのでは。。。と言う感じがした。
 指定として、絵として忠実に書くことはできるが、当時の雰囲気を体で覚えている人がおらず、その思いを込められなかったのでは。。。と言う感じがした。ラストでシラミがたかった子供が出てくるので全くそういうシーンがないわけではない。全編それじゃ逆になかなかキツイものになるだろうが。。。

 終わってからサイン会。ちょうど俺の何人か前の人もパンフではない分厚い公式本だか絵コンテを持ち出してサインをもらっていた。良く見るとパンフにももらってる。
 俺も高田世界館のようなローカルルールがあると持参した本にサインをもらえないと思い、マイマイ新子のパンフを買っておいたので、順番が来た時に二つ出してお願いした。
 監督は「どの辺にしましょうか。この本だとねぇ。。。この辺が定番なんだけど」と全く嫌な顔もせずにサインしてくれた。
 マイマイ新子のパンフにサインをもらう時に「先月高田世界館でもいただいたので。。。」と告げると「あぁ。。。あの映画館で見るのはまた違った趣があっていいですよね」と言う話が出来た。

C-FQjOoUQAAx0xD.jpg

 今日は充実した、忘れられない一日になることは間違いない。
 たまゆらで一回竹原に行ったけど、今度は呉周辺の散策にもう一回広島に行きたいな。街角ですずさんに会えるような気がする。
 
スポンサーサイト

再び、高田世界館へ

 最初、全国で70に満たない館数でスタートしたこの世界の片隅に、も今や全国区になった感がある。

 監督の片淵素直さんが舞台挨拶するというので、再び高田世界館に行くことになった。

 朝6時。眠い目をこすって車に。いつものように116号をだらだらと走る。この国道をのんびり流してコンビニ寄ったりするのがまた好きだったりする。。。
 9時半きっかりに到着。高田世界館の入り口の前に販売用の机が置いてありすでに30人ほど並んでいた。

246402822_624.jpg

 無事に整理券を買えたけど、10時ころ出てたら危ない所だったなぁ。。。
 とりあえず上映まで時間があるので、高田駅の待合室で少し休憩。。。

 11時を過ぎて高田世界館に向かって歩いていると長いホイップをつけた車が。。。
 最近はモービルホイップをつけた車自体珍しいなと思ってみていたがナンバーが。。。??あれ、西山さん(JR0BAQ)の車じゃないか? 高田駅にでも用事があったのだろうか。。。

 11時過ぎに世界館につくとすぐに列形成。
 前売りと、当日とでそれぞれ番号順に並ぶ。5~10人ずつ、自由席だが番号順に呼ばれて空いてる席に座るスタイル。

 なるべく真ん中寄りで見たかったが、真ん中は最初に埋まっていた。
 仕方なく端っこの方の座席を取ったが、前から2列目と言う好ポジション。最初はどうせぎちぎちなるから、と一番通路側の席の隣に座ったが、上映を過ぎても誰も来なかったので通路側から一つ空いた隣の席に移る。
 なるべく前後左右は座ってないポジションを選びたいものだ。

 場所がよかったのか、この前よりは小さい音も聞き取れた。まぁ板張りの残響音みたいなのは仕方ないとしても。。。

 上映が終わって片淵監督のトーク。2列目なので近眼の俺でも顔がはっきり見えるくらい近い。順番的には遅かったけどポジションとしてはいい所だった。
 片淵監督の家も映画館だったそうだ。そのせいなのか、この高田世界館には思い入れがあるらしい。

 全国区の作品になり、大きなシネコンでのあいさつが多いと思うのだが、そういった中、こういう小さい劇場も気にかけてくれる監督のトークは人柄が表れている気がした。

 そして、失礼ながらそんなにはやりを負う感じではない作品を上映している感じ、新潟市で言えばシネウインドのような立ち位置の劇場だと思う。間違ってもアニメなど上映する感じではない映画館なのに、この世界の片隅にをピックアップしてくれてしかも情熱をもって推してくれている。いいめぐりあわせになったたまものだと思う。監督にも劇場にも感謝だ。

246403761_624.jpg

246403748_624.jpg

 トークが終わった後サイン会。物販で買ったものか、公式パンフのみサインと言うことなのでパンフを買う。
 もちろん、車にも一部積んであるけど。。。ここで買わない手はないでしょう。

 片淵監督はこれだけの大ヒットになっても、サインを求める人一人一人に「どうでした?」と気さくに感想を求めて、サインも丁寧に書いてくれた。朝のツイートをRTしてもらいました。と礼を言ったら「遠くからありがとう、気をつけて帰って下さい」と声をかけてくれた。

246402783_624.jpg

 サインの時、待機列が長くなって二階に伸びたので下の席を取ってみた。
 歴史ある映画館、と言う感じ。

246402816_624.jpg

 今回は今日より配布の特典ポストカードももらえたし大満足。

246402826_624.jpg

 帰りは道の駅あらいでミサのカレーラーメン。
 くるまやのようなうすいスープではなく、本当にカレー、と言う感じだ。おにぎりではなくライスを頼んでこれをかけて食べたらうまかろうな。。。

 行き帰りは上映時間よりも長いドライブだったが、充実した一日だった。
 

高田世界館でこの世界の片隅にを観る

 上越市に、日本最古クラスの映画館がある。
 高田世界館と言う小さな映画館で、道の狭い昔の目抜き通りらしいところに立っている。

 今日はここに映画を観に行った。作品はもちろんこの映画館と同じくらいのノスタルジックな世界に浸れる「この世界の片隅に」だ。

 主人公のすずさんは大正14年生まれ。実在なら90歳を超えているが、この映画館は1911年から営業しているようなので106歳、すずさんよりも年上になる。

245806920_624.jpg

 イオンシネマやユナイテッドとはかなり趣が違う。電光掲示板で作品リストが出るような大手ではなく、その日の作品をチョークで書いて紹介してあるような昔ながらの映画館。

245806958_624.jpg

 料金は1500円。チケットを買うと昔ながらのスタイルなのだろう。厚紙で出来たチケットが。
 これを見たとき、”千と千尋の神隠し”でユバーバの妹の家に行く時に乗った電車で使ったチケットを連想させるw

245806974_624.jpg


 入口から入った狭い待合室には昔の田舎の駅にあるような石油ストーブにドーナツ型のテーブルをかぶせたようなこれまたレトロな暖房が置いてある。
 そう。作りとしては映画館と言うより劇場、と言うよりは芝居小屋みたいな感じなのかな。

 入るとスクリーンの前に奥行きのあるステージがある。
 暖房はなんと家庭用のファンヒータが置いてあって、上映の前に係りの人が灯油をつめたタンクを入れ替えていた。

245806996_624.jpg

 時間になると、拡声器も使わないで係りの人が上映を知らせるアナウンスをしていた。
 まぁでもこれは他でも見たことがある。例えば立川シネマシティなんかも同じスタイルだ。

 CMなしと書いてあったが、今月女優さんが舞台挨拶に来る映画のPVだけ流れていた。多分こういう映画館でしか見られない類の映画なんじゃないか。しょっちゅう映画館に入ってるけど見たことないタイトルの映画だった。
 1本だけPVが流れると即上映開始。

 小学校の時に体育館でやったような上映会をほうふつとさせる。
 今のように音がそれほど反響しないような素材の壁や床ではない。音響はたぶん昔のままなのだろう。独特の反響のある音が流れる。それがまた懐かしい。
 ただ残念ながら小さい音は聞きにくかった。。。
 例えば草津のおばあちゃんちに行ったときにすみちゃん(すずの妹)が鼻歌を歌うシーンがある。
 他にも祝言の夜に周作さんがやはり鼻歌を歌いながら雑誌をめくるシーン、鬼いちゃんの遺骨をもらいに行った帰りにすずさんの両親が「寒いとこバカバカしい・・・」とつぶやくシーンで親父さんがたばこを吸いこむとちりちりとタバコが燃えるときの音がするんだけど、ここの劇場の音響ではそれらの小さい音の再現が少し残念な気がした。

 上映が終わって外に出る。
 上映予定の映画も余所とは少し違うラインナップのようだ。どちらかと言うと新潟のシネウィンドとかそっちの系統なんだろうな。

245807023_624.jpg


 言ってみれば。。

 どこかお店に入って食事をするとする。
 もちろん味は大事だけど、自分の場合は店の雰囲気を割と重視する。まぁグルメではないせいもあるけど、お金を出している以上まずくて食えないという店はそれほど多くない。でもいくら美味しくても店の雰囲気が悪い所は二度と行きたくない。

 今回の高田世界館もそれと同じだ。昭和、それも自分の生まれるはるか前の時代を描写した映画を見るのにこれほど適した映画館はないのではないか。。。この映画館の存在を知り、しかもこの世界の片隅にが上映されると知ったときにこれは行かなければ。。。という使命感に近いものを感じたのだw

 片淵監督もここには思い入れがあったのかもしれない。
 劇場に送ったサイン色紙も飾られていた。これを見られただけでも来たかいがあった。

245807104_624.jpg


 帰りは新井の道の駅にある食堂ミサで味噌ラーメン。定番中の定番だが、メニューにカレーラーメンの文字を見つけてしまったので次はトライしてみようと思う。

 上映時間より長い時間運転(片道)でのとんぼ返りでさすがに疲れた…・TX5Tの160m レポート上がってたけどさすがに行けなかった。
 

ゴジラ展 etc

 しばらくショップに顔を出していなかったので印字済みのQSLを持ってショップに行く。

 あの。。。とQSLを抱えて入っていくと、店長さんが苦笑しながら「発送しちゃったばかりなんですけど。。。」と言いながらそれでも一応受け取ってくれる。忘れてた。。。。ここは市内にあった店舗の時もそうだけど毎月大体20日過ぎに発送するんだった。。。

 私の記憶が確かならば(by 鹿賀丈史@料理の鉄人)、営業に来ているメーカーの人間に持たせてJARLに届けさせてるんじゃなかったかな。新潟の店舗の時はそうやっていたと思う。
 久しぶりにCQ誌をめくったけど、しばらく読んでいないのでウラシマ感が漂うばかり。
 中古の無線機も欲しいというより寧ろ整理したい感じなので所在無く滞在時間短く出てきてしまったw

 次の目的は今日はゴジラ。

 地元の新聞で紹介されていた本屋さんの中のゴジラの展示を見に行った。

 秋葉区の消防署の前に駐車場を囲むように店が立ち並んでいる所の一角に本屋さんがあって、今月いっぱいゴジラの模型をたくさん展示している。
 レジのお姉さんに一言断って並んでいるゴジラの写真を撮っていた。

 こういうのはやはり珍しいので寄ったり低く構えたりして写真を撮っていたら、中の長いすに座っていたおぢさんが近寄ってきていきなり「これさ、このゴジラなんだよ。。。。」と嬉しそうに昔の雑誌を開いて説明を始めた。

 カモが来た!みたいな感じだったのだろう。
 色々と熱く語ってくれた。年のころはどう見ても俺よりも年上。近所のオジサンと言う以上に何も思い浮かばないほどヲタオーラなどかけらもないのに言葉がアツい。

 中には仮組だというゴジラもあった。新聞サイトの写真で見た感じとイメージからではこの手はソフビ人形の類だとばかり思っていたらキットなのだそうだ。結構な数のパーツがある。10㎝位のモデルでも、背中のひし形のひれ一枚一枚をプラモデルみたいに切り離してバリを取り、仮組して塩梅を見てから一回洗い、さらにそれを煮て(!)余分な脂分を取ってから組み付けて、半田ごてではないけど似たような熱を与える治具で組み付けた際の隙間を溶かして埋め(まったく一緒ではないけどパテ埋めの要領らしい)、それを体の表面と同じような凸凹をつけて境目を目立たなくするのだろうだ。見せてもらったけど俺みたいな素人では組んだものとは思えない一体感だ。
go4.jpg

go3.jpg

go2.jpg

go1.jpg

 他にもレジン(?)と言う石膏のような樹脂のようなので固めてある模型もあった。これもおじさんが快く持たせてくれたけど手にずっしりと重い。ガレージキットらしくて薄いベージュ色みたいな素材の色のキットで、たぶん吹付塗装とかするんだろう^^;

 色々と話し込んでいたら、もう一人俺と同じくらいの歳の兄さんが入ってきた。手に何かを抱えている。
 ミニラの模型だった。10㎝位の模型を完成させたものだった。15K位らしい。

 その人はオジサンよりも若いこともあって詳しかった。
 ゴジラの中の人にもレジェンドみたいな人が要るらしくて~のゴジラは中の人が◎◎さんじゃないですからね~みたいな話とか、他にもウルトラマンとかの模型(がれき)を実写の背景と組み合わせた写真集とか持ってきて「この本の著者は海猿とかの原作の人なんですよ」とかまた一段と濃い話を始めた。

 一部売りに出しているものもあった。20㎝位のモデルだがこれで45K?と思ってみていたら、その若いお兄さんの話ではキットが5万、それを組み立てる代行業者がいて、その有名な業者が組み立てるとそれが5万で10万の値がつく代物だそうだ。。。
 しかし、こう言うのって自分が組み立てるのが楽しいってわけでもないのか。。。無線だってアンテナは自作、完成品でもせめて自分で組み上げる方が楽しいと思うんだけど、こういうのって組んじゃったらあと飾るだけだし、アンテナよりももっとそういう部分でしか楽しめないと思うんだけど。。。

 俺なんかはリアルタイムではあまり見ていないし、先日の渡辺謙の出演したアメリカ版の奴と、シンゴジラを4~5回見た程度のにわかだ。なんかおじさんに気に入られていろいろ話しかけてきてくれてるのにいやにわかなんですとも言えずにふんふんと相槌をうつのもいいのか悪いのか。。。
 デモなんていうのか、会社でもそういう話題をする機会は皆無だったし、自分はマイノリティだという自覚はあったのだけど、こんな年配でもアツくヲタ活動している人がいるのが分かって楽しい時間だった。

 帰宅したら今月初めに受けた一陸特の通知が届いていた。何とか二文字だったようだ。

 ツイッターでお祝いメッセージもたくさんもらう。

 今は申請に医師の診断書も住民票も必要ないようだ。時代は変わったなぁ。
 
 

考察:君の名は。その他

 今年はいろいろはまった。
 今は君の名は。とかこの世界の片隅にとか、馨の形などがある。前半ならガルパンできまりかな。

 君の名は。は作品自体がよかったのはもちろんあるのだけど、事前のPRも入念に行われていた気がする。
 映画館ではだいぶ前からPVが流れていた。

 キャラクターデザインはあの花やここさけを担当した田中将賀さん。この人の絵は好きだ。特に子供の絵が抜群に可愛い。
 作画監督に安藤雅司さんが入って絵柄がちょっとジブリっぽくなった。元絵が同じでも製作会社が違うと雰囲気も変わる。

 腐ってもアマチュア無線家なので、登場する無線機は気になるところだ。
 小海町高原美術館に展示してあった資料には、具体的にこの無線機を描け、といった具体的な指定はなかった。

 特に三葉が妹の四葉とともに神社の舞台で舞を舞うシーンがある。その直前に同級生で電気工事屋の息子、勅使川原の部屋が映るが一番最初に無線機と言うよりも測定機っぽい横長の機械が転がっているのが見えるが、コンテでは箱しか書いてなかった。
 作画スタッフは部室のシーンに出てくるTS-520だけは写真張りのクオリティで描いている。よほど思い入れがあるのか。
 勅使川原もお前歳いくつだよ、と言うくらいでかくてクラシカルな無線機を並べている。部室の方も520の他ラックにはTS-900やFT-401とおぼしき無線機も見て取れる。まぁ何れも古めかしいものだ。
 部室は代々受け継いだ負の遺産w、勅使川原は親父のものを受け継いだと言えば苦しい言い訳もたつけどそれにしても古い。
 特に通電して動かしているテッシーの方は。。。w ちなみにそのシーンの一番冒頭の映像で勅使川原家の全景が出るがアンテナは描かれていない。部室の中断に納まっているのがFT-401と断定したのは本体ではなく付属の外部VFOから判断した。
 親機はFTDX-400とかその辺の可能性もあるのだけど、この時代の無線機はラインも共用ではなくそれぞれデザインが異なる。 
シンプルなパネルはFV401のものだった。バラで買った可能性もあるけど、まぁここはラインから考えてFT-401だろうw
 リグの他にもX68000やルービックキューブなどわれわれ世代に訴えてくるアイテムが数多く映る部室だった。
 欲を言えば無線機も背景画レベルではなく見て断定できるくらいの画質だと面白かったが。。。

 声優は彼が声を当てたキャラクタの映画は大ヒットするという神木龍之介くん。非常に芝居がうまい。
 三葉は上白石萌音さんでこの人の声の心地よさはほんといい。聞いてて耳に障る部分が少しもない。妹役の谷花音ちゃんも四葉と同じくらいの年齢らしいが会話のタイミングとかホント天才的だと思う。

 でもむしろ評価したいのはさやか役の悠木碧さんかな。彼女の演技が抜群にうまい。
 さやかももちろんだけど、馨の形でも西宮結弦と言うヒロインの妹に声を当てているが同じ人とは思えない。勿論単独の映画だけ見れば目立っているわけではないけど、二本を見比べると存在感が分かる感じがする。

 そして、馨の形も君の名は。も舞台は岐阜。
 昨日も書いたけど、歳くってから出歩くようになって聖地巡礼もやるようになった。

 君の名は。の古川町周辺、馨の形の大垣市、両方ともいい景色がたくさんある。
 大垣の水路を中心とした景色は、自分が地元の住人なら週に一回は眺めに行きたいような場所だ。

 そして両方の土地も道の脇に流れている水路に大きな鯉がたくさん泳いでいる。水がとてもきれい場場所。
 今年は岐阜が舞台のアニメがアツかった。

 君の名は。に出てくる架空の土地、糸守町のモデルは諏訪湖だという。確かに景色は似てるんだが、諏訪湖は外周が広く大きさは全然違う。むしろ美術館のちかくにある松原湖と言う説もある。
 だがこちらは小さすぎるし周りに家もない。ただ、すぐ横に神社があって鳥居から湖の湖面が望めるらしいところがイメージにあったとかないとか。。。時間がなくてよっては来られなかったが。。。

 君の名は。のロケハンは全部は無理だ。行っても東京周辺のいくつかの駅。。。四ツ谷駅や代々木駅、ラストシーンの須賀神社位。瀧君の通っていた高校は広島にある高校がモデルだし、三葉が汽車に乗った無人駅は秋田にある無人駅がモデルだという話。そして宮水神社のご神体のある場所のモデルは青ヶ島らしい^^;

 他はともかく東京周辺のロケハンはしたい気がするw
 

 | HOME |  »

Counter

TweetsWind

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Solar Data

Appendix

JH0RNN

JH0RNN

へっぽこアマチュア無線局
国内外問わずQSOしています。HF~UHF,CW/SSB/RTTY
上のバンドは衛星とEMEも。

よろしくお願いします^^

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。