田んぼの中の無線小屋

新潟市のすみっこ、田んぼに囲まれた掘っ立て小屋でひっそりアマチュア無線を楽しむオッサンの堕落日誌^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALLJA 2016

 実に久しぶりにまともに無線をやった。

 とは言うものの、完全なフル参加にはならなかったが。。。。

 今は朝早いシフトだけなので0640頃には家を出なくてならない。
 昼休みも飯を食う時間だけ辛うじて座ってられるが、休んでる暇も無いほど忙しい。

 人のいない中で帰宅したのは2030.もう最初から開始には間に合わないと悟った。

 夕飯を食べて軽く休憩。22時過ぎに風呂へ入ってから出掛ける。
 コンビニで食料を買い込み、シャックへは2230頃到着。

 さて。。。とPCを起動してctestwinを立ち上げて電波を出そうとすると。。。でない。
 USBIFのLEDは符号にあわせて点灯している。リグもCWモードでBK-INも入っている。なぜ。。。?

 ジャックのついたコードを抜き差しすると今度は刺したときに電波が出っぱなしになる現象に。
 久しぶりにいじったから何がなにやら。。。。ようやく電波が出るようになってコンテスト開始。すでに23時になろうとしていた。

 定石からいえばやはり3R5からだろう。。。。
 駄菓子菓子、さすがに腐ってもJARL4大。一番ホットな日付け変更前の時間帯に、重役出勤してRUNが出来るようなスポットが開いてるわけない。
 とりあえずctestwinの設定ファイルを書き換えながら10局ちょっと呼んで回る。
 3522くらいに少し開いてる場所があったのでCQ。それからは少しRUN出来るようになった。
 
ctestwinは使いづらい。。。ZLOGのほうがいい。。。と言っても、PC環境を含めていまはZLOGは常用するにはいろいろ厳しい面がある。XP(comポートからIFを接続して使う場合)もしくはそれ以前のwindowsでノートPCと言うことになろう。
 今は腐ってもデスクトップが使えるし、バンク切り替え無でRUNも呼び出しも同時にファンクションを配置できるctestwinも遣い方によっては悪くない。

 先日も使ったので少しづつ慣れてきた。
 今気づいている不満は小さなものではコールを打ち込んでからF6でコンテストナンバーを送る際にカーソルも隣の入力窓に移って欲しいというのと、USB-IFにパドル入力もあるのでそれが使えるようになって欲しい。
 斜め読みした感じではパドルを使う場合、ZLOGを起動した上でctestwinを起動する。パドル関係の設定はそのZLOGの方で設定する。。。と書いてある。うまくいくか分からないし、メモリやシステムを食いそうなので試していない。ctestwinはキー入力で打つとリアルタイムモードでは話にならないほど遅い。かといって文字列をある程度打ってからリターンで送信するモードもあるが、その間放送事故?w ではないが間が開いてしまう。コンテスト中に送る物なんて短い電文だしパドルでチャチャット打ったほうが早いのでこれは期待したい。

 コンディションは良いとはいえなかったと思う。
 夜中の3R5は伸びなかった。日付け変わって2時頃眠くなって寝る。
 3時間弱仮眠して薄明るくなってから再開。

 EP2Aの160を覗くと聞こえている。UPなので呼べなかったが、ツイッターによれば時折DN指定でJAを拾っているようだ。なかなか出来ない感じみたいだが。。。

 7メガも最初は呼ばれなかった。
 だがハイバンドもEsが開くようなコンディションではなく、スキャッターが少し出ているくらいだった。

 6mも大きいオープンは無く、たまに上がるGWを探した。

 あとはLOTWに上がるのを期待してEP2AのRTTYを。
 それからHV0Aが久しぶりに出ていたのでこれもRTTYをQSO。

 21時の終了時点で暫定700Qを辛うじて超えたくらい。
 スタートダッシュの2時間弱と、途中何時間か仮眠していたのでそれを考えれば悪くは無い。まぁ勝てはしないけど。。。^^;

 気づいたこと。。。

 今のリグは簡単に受信帯域を狭く出来、また、外側はすっぱりと切れる。
 少しくらいの混雑なら空きスポットも入り込める。

 逆に言えば非常に近いすぐ脇でチェックもかけずにCQを出されたりすることもある。
 数年前からこっちにゴリゴリかぶってくるくらい近いのに、相手はこちらの電波を気にすることなく出来るもんなのか。。。と思ってきたが、自分も今のリグになって少し分かるようになった気がする。

 今回はハイバンドは大体350Hz、ローバンドは150~200Hzの帯域で聞いていた。
 前のリグでは多少フィルタの外でもタイミング的に俺を呼んでいるな、と思えばQSOしたものだが、今はすぐ上や下で出てる別な局とQSOしている、何てことも珍しくなくなった。
 帯域を少し狭い感じにしてなおかつRITも殆ど触らず、フィルタの外でかつかつ言ってるような信号にはタイミング的にこちらを呼んでいるっぽくても応答しないことにしている。
 中にはいつまでも同じ場所で呼び続けている局もいるが、他の局が呼んできてすぐQSOすると、自分がずれて呼んでいることに気づいて合わせてくる局の方が多いようだ。

 また、ケースバイケースだがあまりに弱い局もあまり粘らないことにも気をつけた。
 やばやばのコピーでナンバー交換しても、結局は確認に時間がかかるだけだ。素振りが長く続いて寝そうなほど暇ならともかく、呼ばれているときにこういうのが挟まるとテンポがずれてしまう。

 今回特に頭に来たのは社団に何局かいたが、コールバックしても応答しない、応答しても送ったナンバーを何回も聞き返してくると言ったのが目立った。これもだらだらやっても埒が明かないので2,3度送って取れないようならCQに切り替えた。
 呼ぶときも同様。AGNだの?だの1,2回続けば見切りを付けて次ぎいってみる。

 まぁ久しぶりに長丁場のコンテストだったが、もう少し寝ないでやれるように訓練しないと。。。
 まぁ今はツイッターとかあるので気絶は随分減ったように思うけどw

あとここ数日メールをやり取りしていたFT4JAの160mがようやく合格。
棒に振った(先日の)2日間が全く無駄ではなくなって良かった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

CTESTWINについて

ALLJAでは交信ありがとうございました。あの時間にS9+でしたのでビックリでした。
さてCTESTWINの操作の事ですが以前も書いたような記憶がありますが、F6とか私は一切使用しないです。あ、たまに使いますか。
まずRUNは、CTRL+RでRUNNING MODEにします。後は入力してENTERだけで登録まで終了です。ファンクションは押しません。呼ぶときはこのままのMODEで、F10にMYCALL、F11にmyナンバー登録しておいてそれを押すだけ。F1で確定。
F6は再度相手に「相手コール+ナンバーを送る場合」だけです。デスク用のPCキーボードなのでF12に$m登録しておけば599を除くmyナンバーのみ送信します。
これだけあればコンテストでは十分です。

I/Fですが、USBIF4CWですか?これだと普通にパドル繋げると思いますけど。私もパドルで手打ちは時々しますので必要です。

こんにちは。コンテストではSVCありがとうございました。
なかなか新しいものに移れなくてぐずぐずやっていましたが、スタンドアロンで動かしていたThinkPad240が予備機ともども死んでしまい、もう仕方なくctestwin導入となりました。まだまだ手探り状態が続いています。

 running mode と言うのがあるのですね。
 明日でも早速いじって見ます。

 I/Fですが、JN2AMDさん謹製のUSBIF4CWコンパチのIFです。本家のIFだと症状出ないかもしれませんが、ZLOGでUSBIFを使うと符号が変な風に乱れることがあります。
 幾つか回避用のTipsも存在するようですが、基本的にマシンパワーが低いとそうなる可能性が高いみたいですね。

 ctestwinとこのAMDさんIFはこのALLJAでも大活躍してくれました。符号の乱れも無く快適に使えます。
 ただパドルは私も繋いだことがあったと思いますが確か使えなかったはずです。
 もともとこのIFを繋いで起動してもUSBIF4CWが検出でき間線みたいなメッセージが出ますが、無視して起動すると辛うじて使えてる感じです。設定が一部聞いてないのだと思います。

 確かオンラインマニュアルだかサイトのtipsだかで呼んだ記憶では先にZLOGを起動しておき、その上からctestwinを起動、パドル関連の設定はZLOG側で行うと書いてあったように記憶しています。

 このパドルと、キーアサインがZLOGライクになればもっとマンセーなロギングソフトになるのですが。。。。w

コンテストでのQSOありがとうございました。
ctest-winはここ数年使っています。CWでの操作は特に問題は発生していないのですが、機能等はいまだ使いこなせていないです。
別にパドルを繋いでいるので、形式以外で打つ等頻繁に使っています。
とっさの反応はパドルの方が早いので・・・

 JR4FLWさん:
  やっぱり現実的なのはその方法でしょうかね。。。
 元々CWはパドル一台を外付けキーヤーに繋いで、それを机の上にある3台のリグに切り替えていますから、それをリグの後ろのジャックに刺せば、前はロギング用のIFからのケーブルさして出来そうですね。
 パイルに参加するのもパドルを手で打ってるので、こちらも何か打つときはキーボードに文字を入力するよりもパドルの方が早いですw

QSOありがとうございました。私も CTESTWIN に移行しています。機能は使いきれていませんが・・・

 JP1LRTさん:

 QSOありがとうございました。
 国内外含めて良質なロギングソフトは数多あるのだとは思いますが、もう一つのメインツールであるハムログとの連携を考えるとやはりこの辺に落ち着くのかな。。。と…

 今回のコンテスト中にJA1ZLOともQSOしました。
 ナンバーは手打ちで送ってきていました。
 確かにZLOGは開発が止まって久しく、特にUSB-I/Oとは相性がいいとは言えないところもありますが、そのソフト自体は素晴らしく、古いPCを駆使してZLOGを使っていると言う人もたくさんいます。

 が、その開発元のZLOでももうZLOGの余韻自体なくなりつつあるのかな。。。と感じた一瞬でした。
 ソース公開でもされていれば、あるいは改良の余地もあったのかもしれませんが。。。

 うちも今回長丁場で落ちずにつかえたのでもう少し踏み込んだ使い方をしてみたいなと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://radioshack.blog87.fc2.com/tb.php/158-5d584849

 | HOME | 

Counter

TweetsWind

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Solar Data

Appendix

JH0RNN

JH0RNN

へっぽこアマチュア無線局
国内外問わずQSOしています。HF~UHF,CW/SSB/RTTY
上のバンドは衛星とEMEも。

よろしくお願いします^^

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。