FC2ブログ

田んぼの中の無線小屋

新潟市のすみっこ、田んぼに囲まれた掘っ立て小屋でひっそりアマチュア無線を楽しむオッサンの堕落日誌^^;

(無線の)友、遠方より来る(全後編w)

 最初にしばらくの間、BLOGの一部が表示できないことをお詫び申し上げておきます。
 一部のスクリプトなどをajito.orgに置いてあって、そこからhtmlで引っ張っていていますが、レン鯖屋に金を払うのを忘れていて完全にサービスが止まりましたw 土曜日に振り込んだのですが銀行の営業日でないためかすぐに復帰しなかったので週明けになるのか。。。まぁそんなところですm(__)m

 まぁブログだけ別になっててよかったね。。。開店休業状態だけどw

 そんなわけで。。。
 先週、今週と珍しく地元で週末を過ごした。
 まぁ車の車検だったりしたこともあり、ガソリン高騰の折無駄に動き回るのを控えたということもある。代車にあてがわれた軽はさすがに燃費が良くて使った分だけ入れて返す約束だったが千円ほどですんだ。

 先週はJI3CEYさんとお会いしていた。
 とある事情でたまに新潟に来ているw 前回の時はお会い出来なかったが、今回はツイッターで連絡を取り合い、お会いすることに。
 最も、現在はお仕事で単身赴任中だそうだ。リアルで関西に出かけている俺に比べれば、東京からなら割と新潟は近い。新幹線なら2時間ほどで来れる。
 地元の人ともほとんど交流もないので、特に国内QSOやコンテストなどに関する雑談はほとんど皆無と言っていい。
 久しぶりに無線談義をすることが出来た。新潟を出発するのが宵の口だと言うので、車屋に車検に出しに行く時に同行してもらい、借りた軽でシャックまで案内した。中はゴミ屋敷で見せられたものではないけど、アンテナは隠しようがないので。。。w

 今週はJH8CLCさんとお会いした。
 なんでも長岡と新潟の記念局を運用しに仙台からいらしたようだ。自分などはやれと言われて初めて記念局のリグの前に座るが(開局したころはまともな設備もなかったし6mだけだったので、7メガとか出られる機会がなくて喜々としてやったものだが今はもう。。。^^;)ハムフェアも20年以上参加しているけど一回も運用したことがない。それどころか昔はハンディ機を持って行って会場から呼んでQSLをもらったりしていたがここ10年以上電波の出る機械は携帯電話しか持って行ってない有様。

 CLCさんと言えばマルチバンドで軽快なCWを捌くスタイルが印象的だが、その運用を間近で見て驚いた、、、と言うか感心した。
 パドルを手打ちしてあの速さで捌いているのである。まぁ同様のスタイルではJO2ASQ局がそうだが、なぜ軽快なオペレートをする局に限って手打ちなのか。。。w非常に興味がある所だ。
 自分のように早ければボロボロになるし、字も汚くて殴りがいたようになれば読めない字が出てくる恐れもあるので今なら記念局なんか仰せつかればマイPCでロギングになるだろうけど。。。最もCLCさんもマイPCでハムログ?に入力しながらパドルを打っていたようだった。のめしこきのおいらでは出来ない芸当だ。。。50局もQSOしたら手が攣りそうになるだろうw

 最初は可哀想なほどコンディションが死んでて、明るいと言うのに7メガが振るわずに逆に3.5のCWが賑わっていた。
 7メガに再び戻ってから、ちょっと近距離が聞こえるな、と思ったらコンディションが持ち直してきたようだ。かなり長い時間手打ちであの長いコールサインを打ちながらCLCさんのOPが続く。
 200Qを超えたところでCL。

 シャックには管理者のJA0BFA川上さんと、所属クラブのOMが何人か。ほんとに地元でもほとんど交流がないのでまず初めましてや名刺交換から始まる^^;
 そして最初会場が何処かよく分らなかったが、あそこじゃないの、と助け舟を出してくれたJH0OTMさんともお会いできる。
 自分があまり公の場所に出入りしないので殆どの人と初EBだった。

 運用が終わってからCLCさんの移動シャックを見せてもらう。IC-9100をメインに構成されたシャック。
 最近のスタイルである走行中に充電した無線用バッテリーで車を停めて運用を行うやり方だ。ガソリン車でもエンジンが止まればノイズもない。発電機もPWM式ではノイズが出るので、この方式が容量が持てば理想的な運用方法の一つだろう。

 この手の方式の人はだいたい20~30W程度での運用多いようだが、CLCさんの運用で弱いと思ったことはあまりない。
 アンテナはPG-ANTに絡ませたLWで、ATUを使って出ている。のめしこきシステムとベースは一緒だ。衛星用の子ヤギも組んだまま積んであった。

 ほんとははす向かいのマックでお茶でもしながらもう少し移動運用の話とか聞きたいところだったがすでに日が暮れはじめていた。名残惜しいが挨拶して離脱。家まで2分くらいだが電源を落とすためにもう一度シャックへ。。。のつもりが事故で大渋滞。
 15分くらいで到着できる場所なのに1時間以上かかる。

 まぁ、非常に有意義な週末だった。
 普段一人で引きこもって無線やっているので、誰かと無線談義するのもいいものだ。

 それにしても、バイパスから降りて家に帰る途中でなんだ、こんなところにアンテナ上げてあまり飛びそうもないな(失礼!。。。住宅地なもので)と思っていたのが記念局のシャックだったとはw 灯台下暗しだった。
 

 
スポンサーサイト

全市全郡 2018

 先月は出かけてばかりいたのに持ってきて、秋のアニメラッシュで映画館に通いつめていて財布の中身が爆速で軽くなっていく今日この頃^^;
 3連休が続くのはうれしいが、連休のたびに登校したのでは生活も脅かされるので久しぶりにおとなしく地元にいることに。

 もう一つ。。。。不注意から営業車のバンパーをへこましてしまい、まぁ見栄えが悪いので知り合いの板金屋に頼んでパーツを発注してもらっていた。プロボックスはバンパーの真ん中が鉄板なのでたいした衝撃ではないのだが結構逝ってしまっていて、これがウレタンならたぶんなんともなかったんだろうけど。。。

 そんなわけで土曜は朝起きてシャックに。
 夏に比べたら涼しくなり、4時頃から明るくなるわけではないけど、それでも精一杯早起きしても5時くらいがいいところ。家を出る時に明るいのではシャックにつく頃はSRを完全に過ぎている。とはいえ伸び代のある時間帯は朝くらいなのでとりあえず出かける。

 サイクルピークのように朝から賑わえばそうでもないが、聞いててもあっという間に時間が。。。
 たいした成果もなくそのまま映画館に。映画を見てからそのまま昼飯。

 9XやZD9といったところが夕方というか午後にレポートがあるのでシャックに行って見るが狙ったところほど聞こえない。。。

 まぁ、全市全郡があるので食料を買出しに行く。
 いつもは時間がなくて近所のコンビニだけど、高速インターの近くにあるベイシアまで行ってみた。

 違うのは飲み物の値段だ。500mLの烏龍茶など70円くらい。缶コーヒーで40円。
 おにぎりも100円以上のものはまずないが、それも時間が過ぎているのでさらに2割引に。コンビニだったら2000円近いところが千円ちょっとで調達できた。これは利用しない手はないな。

 コンテストの前にctestwinを最新版に。こういう準備の仕方は感心しないが泥縄が常態化しているので仕方ない。
 大きく変わったところはない様だが、聞いていた後追い入力はうまく働かなかった(ZLOGなどで便利に感じていたので残念)

 さて、と開始になってログを起動、HDSDRとskimmerも起動させる。。あれ??WFが変な表示に。等間隔に櫛のような波形が。
 バンドはクリアだからハムっぽいノイズなのか??

 デバイスマネージャーでみたけどワンセグは認識されている。けど受信部が死んでいるのかな。前もこんな状態になって交換したんだけど。。。
 しばらくRUNしてから、呼ばれなくなったのでワンセグをUSBから引っこ抜いて刺しなおした。無事にSDRが動き始める。

 前のときもこうやればよかったのかな。。。先代のワンセグは死んだと思ってその後3つ4つ予備を買ってあるけど、今度のやつはヤフオクで500円で買った奴だがしぶとく生き残っている。

 もともとフル参戦は無理だと言うことでペディションやFT8などを覗きながらコンテストに参加していた。
 ZD9などはレポート少なかったが、160の9Xはうちでもピーク-16で見えていた。まぁ出せても200WでATUがなくてそれ以上は無理なので呼ばなかったけど。。。JAも当然たくさん呼んでいたけどQSO出来たらすぐレポート上げるドヤ顔連中もこっそりしてたのでQSO出来た局がいたかどうかは不明。
 ちょうど台風の通過で深夜はものすごい風だったが、電線を張ってるだけの160や80も無事だった。ただ80は給電部の接触が悪く、最初は抑圧で何も聞こえないのだと思っていたらどうも接触不良になっていたらしい。SWRは高くなかったので気づかなかった。

 午前中はバンパーを交換してもらいにガイシュツ。昼過ぎに戻ってきたけど、7メガはOTHなのか、イングッショんノイズみたいなパルス系のフロアの高いノイズが出続けていた。
 いつも弱い弱いと言われる7メガだが、こんかいは割と呼ばれていたので少し残念だった。

 聞いた感じでは21~50はまったく振るわず、144は5エリアの移動と1局QSO。
 我慢の展開だった。

 14は遅い時間まで6エリアが良く聞こえていた。Sも多少出ていたのか、たまに1とか呼んでくる。

 結局500Qに届かず終了。まぁ昼間に外出してる時点でもうだめなわけだが。。。
 CAMでだすかC35でだすか。どちらにしろ今回は入賞は無理でしょうなぁ。。。

 ここ1,2年、批判もあると思うがリトライを短くする方向で運用している。
 まぁ人のことは言えないのだけど、自分の設備を把握できてない人が散見される。

 弱い局に呼ばれて、まぁこちらも最初は真剣に聞くんだけどナンバー送って何回も聞きなおしてくるとか、呼ぶ時点でこの信号でナンバーが受信できるかどうか。。。と言うところまである程度考えてから呼んでいただけると助かるけど。。。
 特に全市全郡はナンバーも長い。あらかじめ聞いてコピーしておくならともかく、何回もリトライしていると後方に控えているお客さんも逃げてしまうので最近では2,3回送って取れない局は申し訳ないが切ってしまってCQ出すようにしている。

 それと同様に違うバンドで呼んできてまたナンバーを聞き返す局も何局かいた。
 まぁ全部の局がロギングソフトを使っているわけではないだろうけど、もうPCは無線をやる上でなくてはならないインフラになりつつある。毛嫌いをやめてロギングソフトの導入をお勧めしておきたい。
 JARL4大ならルール上コンテスト中にマルチが変化することはない。ロギングソフトなら前回のQSOがあればマルチは自動ではいる。ほかのバンドでQSOしてあるならナンバーを聞き返すリスクもなくなる。まぁその最初のQSOがヤバヤバだったりとかまったくリスクがないわけではないだろうけど、それも前出のある程度コピーできる状態でのQSO。。。と言うところに繋がっていくと思う。

 少し前にはロギングソフトなどでCWをPC打ちするのが邪道だとか違法だとか議論されていた時代もあったようだが、ほほえましいいにしえの議論だと思う。
 今時パソコンを使わない、クラスタを使わない、ソフトを使わない、使うやつは邪道だ違法だといったところでもうインフラとして整ってきている。手書き、手打ちを軽んじるつもりはないけど使わない俺に合わせろ、では成り立たない。

 せっかく1年に1回の全市全郡、しかも終了翌日は休みという最高の日並びだったが消化不良で終わってしまった。
 こういうパターンなら個人参加もだけどどっかのクラブ局にクルーとして武者修行にでも行きたいなぁw まぁ誘われるほどのうではないですけどね。。。。わいわいやるコンテストも楽しいんだろうな。
 

想定外

 人間、自分が想定している範囲の外でハプニングがあるとなかなか的確な判断が出来ないものだと思う。

 ここ1ヶ月くらいか、714Xが不調で無線熱も下火になっていた。
 この連休もXPOは諦めてリグとの通信が不能になったPCを弄り回していた。

 この先もACAGが控えているが、KCJもやむなく3.5シングルでとりあえず参加したように、臨時に7メガのアンテナでも上げようか。。。などと考えていた。
 症状としてはこうだった。

 714XだけがSWRが高く送信できない。受信は弱いが出来る。
 他のバンドのアンテナは普通に使える。
 714Xは過去にケーブルの中継部分で接触不良があった。
 経験したことのないような未曾有の豪雨の直後からアンテナが使えなくなった。

 これらのことから原因はアンテナ自身。どのバンドも駄目なことからコイルなどではなくバランか、ケーブルの給電系のトラブルと判断。情けない話だがタワーに上がってもセミになってるくらいがいいところなので業者に連絡してアンテナを見てもらうことに。
 (一応一回上がって確認はした。。。。けどバランリードの断線などはなかった)

 連休明けに新潟市に来ていたMRV中谷さんがタワーに上がってくれた。
 仕事中にTEL。バラン、ケーブル(中継点)でアナライザで測ったけど異常なしとのこと。意外な返答だった。
 てっきりバランが駄目なんだと思っていたので、使えそうなバランをいくつか出して置いて適当なのに交換してくれ、と頼んでおいたのだ。7のRTTYでもある程度安心して運用出来るようにバランも標準よりも1ランク上のCB3F/4Kに換装してあったが、手持ちは2Kしかないのでまぁこの際仕方ないか。。。と思っていた。

 連絡を受けて仕事帰りにシャックに。
 リグの電源を入れて、7,14,21の各バンドで電波を出してみるが。。。案の定SWRが高いまま。
 でもアンテナ自体は問題ないんだよな。。。アナライザでチェックしてあるし。。。

 となるとリニアのアンテナ回路か?他のチャンネルが全く問題ないのではなから気にもしてなかった。
 20年ぶりくらいにリニアからケーブルをはずし、空いてるコネクタに。。。。と思ったがなぜか外側のが旨く回らない。。。太いのが狭いところにひしめき合っているせいなのか。。。
 しょうがないのでWARCバンドなどを切り替えているRCS-10の空きコネクタにつなぐ。これでいいのかどうか。。。。

 7メガにあわせてみる。ノイズの音が大きい。メーターも振る。もしや?電波を出すとSWRもべったり落ちている。。。。
 なんだよ。。。714Xを繋いでいた回路だけが死んでいたのか。。。orz

 ためしうちで15mのTO6OK,今日はZD9CWの15mとQSO。
 ZD9は伸び白の少ない15mで久々のバンドニュー。残り一桁になった。

 なんかまさかの展開だった。。。でもとりあえずACAGとその後の新市祭りは参戦できそうだ。。。まぁ台風が心配だけど。。。
 

9月の連休第一弾

 題名とは違うけどハムフェア二日目の話をちょっと。
 二日目は少しばかりジャンクを買ったりしていた。CDのローテータのコントローラ二個。1個は動作品らしいがもう一個はジャンク。
 朝、買ったところとは別なところでいかにもジャンクなコントローラとモータを見つけたが時間前だったので一応自粛してたら、ロシア系のおじさんが来て「Hey! Boss!」とブースの番人に声をかけ、英語ではない外国語でなにやらまくし立てて俺が狙ってたCDのコントローラを二個(1個はまともそうな5A3のやつ、もう一個はもう少しランクの落ちる奴。。。でも基本配線は同じなのでまわすだけなら問題なし。。。をもっていきやがった。。。まぁ日本人なら開場まで待てや、位言ったのだろうけどブースの人もヤレヤレ、かなわねえな、みたいな顔で売り渡していた。
 あとはIC-9700が20万前後で出る(1200とサテライト実装)みたいな話を聞きつけたのが収穫。FTDX101やTS-890にも興味は勿論あったけど貧乏暮らしでは絵に描いた餅でしかないので必要以上に情報は集めなかった。

 なぜこんな話を書いたかと言うと。。。

 この週末は宮城県岩沼市で行われた6SG、VSGのミーティングに出かけていた。
 全国規模のミーティングは久しぶりで、6SGもしばらくご無沙汰だ、相馬の大会か、秋田が最後の参加になる。何れに城10年近いブランク。
 新潟からは比較的近い土地なので私もQSOした事のある人が多く、割と話もしやすいミーティングの部類だ。

 そんな時に「ハムフェアの二日目の記事はないの~?」と言われたw BLOGの続きのことである。
 一ヶ月に一回くらいしか書かないBLOGに読者がいるとは思わなかったので驚いたけど、チェックしてるからなんか書いてよといわれれば書かないわけには行かないw ということで。。。

 前の週に、雷などが不意に来られると困るのでローテータの向きと電源だけ確認に行く。
 その時にFT8をモニタしてたリグが突然PCと通信不能になった。コンテストやFT8関連のソフトは通信出来ないと非常に不便なので色々やってみたがだめ。USB<>シリアル変換ケーブルを買って来て繋いでみたけど思わしくない。。。まぁ帰ってきてからだ、と思ってその日は帰宅。
 土曜日は朝早く目が覚めたので(歳。。。と言うこともあるがw 現在普通の日中の仕事なのでw)、吉牛で80円引きの朝食を食べていざ出発。
 高速は眠くなっていかんので時間もあることだし下道。R113を東へ。
 途中いいでや高畠、七ヶ宿といった道の駅で玉こんにゃくやら鴨肉の照り焼きみたいなのを食いながら運転してたら昼飯が入らなかった(汗
 6時間近くかかって会場着。もう受け付け始まるしみんなロビーで談笑してるのかな。。。と思ったらスタッフ除いたらほぼ一番のりだったっぽいw まぁ遅れるよりはいいか。。。

 3時過ぎには殆ど集まってプレミーティング開始。宴会は6時からなのでそこでももう結構喋っていたけど宴会は宴会で盛り上がった。自分などはあまりローカルも少なく普段は外から情報を入れる機会が少ないのでこう言う場は貴重だ。久しぶりにいろいろな人に話を聞けてよかった。

 日曜日は公演がいくつか。普段机に座ってないので睡魔と闘いながら、、、と言うか負けてたけど(汗)、講演を聞き、そのあと解散。せっかくこっちまで来たし。。。と思ってJA7QVI平間さんにアンテナ見せてもらっていいですか、とお願いしたらJR1LZKさんも行くと言うことで聞いてるから、と言うことだったので同行させてもらった。
 車で30分くらい行ったロケーションの良い場所に大きくアンテナが立っていた。


CQ誌2018年10月号の表紙にもなった7el 2x2。CDのDXXベースの自作品だそう。
257938551_org.jpg

ごつい!でかいw HFのVERSAビームと80RDP
257938575_624.jpg

以前使用していたLFA。一本くださ~いw
257938592_624.jpg

今回は他を見て回れなかったが、まだ東北の震災は深く爪あとを残しているのだろう
257938601_624.jpg

 周りは家がぽつぽつ。海まではほぼ何もないロケーション。6mでWASが完成できるわけだ。鉄道の線路や携帯の基地局もちかくにはあったが影響はないようだ。
 平間さんの6mのアンテナはエレベータで地表まで降ろせる。風にも安心だしメンテも容易に出来そうだ。
 スタックフレームはかなり色々な工夫がされていてただのH型フレームとは一線を画すものだった。ビッグアンテナを維持するためにはこう言う工夫も必要なんだなぁ。。。

 アンテナもでかかったが、飼い猫のこたろうくん(他にも計4匹いるそうです)がこれまたビッグでLZKさんと驚いていた。
 LZKさんも猫を飼っているようで扱いには慣れていたけど、こたろうくんもあまり人見知りはしないのか、それとも俺が座ってた場所がもともとのポジションだったのか大柄の身体(7Kgとかw)をどでんと床に置き、モフっても嫌がりもしなかったw

 帰りはまたR113でとことこ。高速代ももったいなかったけど基本下道がすきなのだ。
 もう一日あるので仙台かどこか観光して帰ろうと思ったけど結局自宅に。

 そして月曜日はシャックに。
 714Xが死んでいるのでXPOには出ずに先日おかしくなったPCいじり。

 USB<>シリアル変換は起動時にドライバのロードが旨く出来ないとかなんかけちばかりついた。PL2303と言うチップはいまいちっぽい。TLで何人かに聞く。
 それでも最新型ドライバ(7用)にして、プロパティのDTEも早くしたらほぼシリアルポートに近い動きになった。
 だが、クライアントソフトからリグをコントロールするのがうまくいかない。リグのバンドボタンで簡単に追従できるのでコンテスト等は問題ないが、WSJTxやJTDXからリグの操作をするのがうまくいかない。むじんくんをしかけるためにはこれが重要なんだが。。。

 結局もとの拡張シリアルポートにケーブルを戻したら何事もなく動いた。。。バンドチェンジも問題ない。ここ1週間ほどすべてたのは何だったのだ。。。?とりあえず夕方17m覗いてみる。秋のコンディションか。Euが沢山見えた。

 714Xは下から見たらバランのリードが見えなかったので外れて飛んでいったのか。。それで駄目になったのかと思ったが、意を決して上っていったらステン板で繋ぐタイプで別に外見上問題はなかった。てっきりリード線だと思って交換用バランを持ってあがらなかったので結局作業しないで降りたがもう上る気力はなかった^^;

 そういや某販売店(ネット)にバランの値段問い合わせたけど返事来なかったな。。。
 と言うわけでWW-RTTYは間に合わない。。ACAGに間に合ってくれると助かるが。。。
 




あっちもこっちも。。。

 世の中だんだんおかしくなってきてるな。。。と感じる。
 春と秋が異様に短く、夏は身の危険を感じるほどの猛暑。冬はまた雪が積もるのだろうか。。。。もしかしたら長い時間かけてまた四季のはっきりした気候に戻るのかもしれないが、それを確かめることが出来るのかねぇ。。。

 天気だけではない。震度6なんて言う地震があちこちで起こっている。その前の豪雨や台風、ぶっちゃけ、日本中の国土で無傷のところがどれだけあるのだろうか。寧ろ満身創痍の状態と言ってもいいのだろう。

 うちのシャックもだんだんトラブルが多くなってきた。現在714Xが使えない状態だ。全バンドでSWRが高く受信も良くないのでコイルよりはバランか、同軸を疑っている。まぁ怪しいのはバランだろう。だけどちょこっと上ってひょいっとバランを交換して。。。なんて軽くいえるほど身体も聞かないしてが器用でもない。ACAG位までに修理できれば言いや。。。と言うつもりで修理依頼は出している。
 まぁもともと本調子ではないものの、タイミング的にこの間の豪雨のあとだった。今までに経験したことのないすさまじい雨と風。TV用の屋根馬と針金で設置してある自宅のBSアンテナは完全に吹き飛んでいた。
 気になって点検に行ったらどのバンドもSWRが跳ね上がって電波が出ない。

 もともと調子が悪かったのがいよいよ壊れたか、それとも未曾有の豪雨でバランの中に水がたまったか。。。
 自分でまめにメンテナンスするタマじゃないので、ぶっちゃけ降ろすときはその役目を終える時、位の覚悟でアンテナを上げている。当然給電部は5年や10年ノーメンテが基本なので防水はしつこくやる。
 普通は水抜き穴から抜けて乾いて元に戻るのだろうけど、しつこく防水しているのでいったん水が入ると抜け切るまでにひどく時間がかかることになる。まぁ実際は交換したバランを開腹してみてみないことには結論は出ないけど、疑わしい要因のひとつだ。。。タイミングから行っても。。。

 それ以降なんとなくアクティビティが下がり、シャックにも足が向かなくなったが今日久しぶりに行ってPCを起動、富山のRTTYローラーを呼んでいてそれをログに入れようとしたら周波数を読み取れません見たいなエラーが出た。

 PCは無線専用。普段はブラウザも起動していない。メインはCTESTWINでRTTYはそこからMMTTYを起動して使っている。
 受信画面からコールをつつくとCTESTWINに自動的に入るしQTHをつつくとQTHも自動的に入る。CATを繋いでいるから周波数やモードも取得するのだけど、それが出来ませんよ、と警告が出たのだ。

 あれ、と思って調べてみると確かに追従してない。再起動したり、リグの電源を入れなおしたりしてもしばらく駄目だった。
 昔はバンドチェンジなども全部手動でやっていたけど、自動の環境になれるとわずらわしくなる。なんといっても切り替え忘れに対する恐怖が出てくる。

 結局、リグの電源を落としてからPCを再起動。起動画面が完全に落ち着いて砂時計の絵が消えてから恐る恐るリグを起動、手順に沿ってソフトを入れていったら直った。だけどいつ再発するか分からないのでしばらくは様子見。
 PCももう古い。。。おやつは500円じゃないけど、マザーは1万円と決めている。
 miniITXでCPUは実装済み、ファンレス。買った当時はDual core celleronでまだもっさりしている感じだったが安定感はあった。
 夏場は6mをモニタするのに何ヶ月も電源入れっぱなしだったが灼熱のシャックでもダウンすることなく動いた。リグは一回死んだがPCは生き続けた。
 今は1万円で何が買えるか調べたらQuad-coreのCPUが付いたのが買えるらしい。まぁ恩恵は少ないかもしれないが、前よりいい感じだ。マザーだけ交換なら安いが、メモリもその世代の規格がどんどん変わるのでセットで買わなくてはならない。
 しばらく様子見て、トラブルが再発するようなら組み替えも考えないとなぁ。。。

 今のPCはホント気に入ってる。速さはないがかなり無茶な使い方をしても辛抱強く動いてくれる。
 今の環境を構築しなおすのが面倒と言うのもあるけど。。。今度組むならWIN10の64bitかな・・・
 

ハムフェア1日目

 先々週もいたようだが(汗

 東京駅に降りて思ったのは、新潟とは暑さの質が違うということ。出てくるときは朝6時だったのに蒸し暑い感じだったが、下りてみると暑いけど湿度が低い感じ。まぁ比較的開いた場所だというのもあるのだろうけど。。。

 先々週学習したのでビッグサイトまでは都バスで行くことに。りんかい線もさんざ使ったが、国際展示場前駅から歩くのが結構あるのだ。。。バスは入り口真下のロータリーにつけるので階段を上がるだけで入り口につける。もっともホテルからだとそうもいかんだろうけど。。

 西ホールにつくと、出展者証を用意してくれていた通信兵に合流してすぐ中に。
 しかし! 人が入らないうちは冷房が入らないのかエントランスからブースエリアに入ったら暑い。。。先々週でもこんな暑くなかったぞ。。。。と思いながら。。。しばらくして空調が利いてきたけど、予冷とかしないのかよ。。。。と。

 ブースを見て回ってると面白そうなのはいくつかあった。ローテータのジャンクっぽいの売ってるところに5A3のコントローラがあってもう一段下にRC5-1のコントローラ。しかも動くかどうかわからないけど1000円とか書いてある。まぁ千円なら買っても修理しても買う価値あるかな。。。と思っていたら、ロシア人ぽいがタイのいいおっさんが「Hey! Boss!!」とブースの人に声をかけ何やらまくし立ててそのコントローラを手に持って何やら交渉していた。
 まぁ相手も日本人なら店開きまで待ってくれとか動作は保証しないよとか言ってたと思うんだけど、外国語と相手の押しに威圧されたのか目の前でコントローラを持っていかれてしまった。。。
 まぁ一応基本は一般客が入場してからなんだけど、そういうケースは珍しいわけではない。過去俺も一般ブースでなくメーカーの販売ブースでフラゲをやったこともあるからまぁ文句は言わないけどさ。。。

 コントローラは別のブースでもちょっと高かったけど売ってたので購入。CDは基本的に配線さえ同じならどのコントローラでも動作はするので予備を見つけるとかっておいてる。

 ここ数年は会場のほとんどはEBで終わってる。
 たまにしか合わない人と話し込んでいるとそれだけであっという間に時間がたってしまう。ただ今回は桃井はるこのトークショーだけ見てみたwあのスペースの席に座ったことは長いこと通ってるハムフェアでもなかったけど。。。初体験w

 モモーイといえばシュタインズ・ゲートシリーズで秋葉ナンバーワンメイドのフェイリス役だがまさか生で聞けるとはねw

 今年は女性、子供が無料ということもあって多いね、という声が多かった。
 夜は今年も6m系の飲み会。いくつか行きたい飲み会もあるのだけど(飲めないだけどw)こういう時は体が複数ほしいなw

 ハムフェアが終わると夏も終わり。
 そうそう来年は月末らしい。これるといいなぁ。
 

中途半端な盆休み

 と言っても、ないよりはましだけど。。。。^^;

 前の職場はローテーション+計画休暇(前年度、前々年度の使わなかった年休をあらかじめカレンダーで振って休むこと。ちなみにこの休暇の消化でローテーションが埋まっていて年休が取れないので本末転倒だったが)で休みが決まっていたので8月の休暇なんか思い通りに休めたためしがない。そのために盆に墓参りをするとか言うのもなくなった(13日の夜はたいてい夜勤だったし)

 今の会社は他の会社との絡みもあるので一応土日休みだしお盆の休暇もある。だけど地元の会社には珍しく13日に休まない。
 例えば今年のカレンダーだと14,15,16が夏休みだが、これになんかいみがあるのか。。。新潟は13日に墓参りが多分一般的だ。地域により午前午後などの差はあるだろうが(うちの家系の地元は13日の夜)13日は多分他の会社も殆ど休みになっている。一方16日なんかは世間一般でも盆休み明けみたいな雰囲気になっていて、16日の分13日に振って5連休とかにすればいいのに。。。と思っていたがまぁなんだかうまくいかないもんだ。まぁ休みもあるだけましだけど。。。

 別に先祖の墓参りに興味もないので13日は仕事でも個人的には影響ない。それにかこつけて今年もいかなった。

 土日は割りと休みなので先週はコミケに出かけた。3日で53万人の参加だそうだ(16+16+21万人)金曜は仕事だったので土日だけ参加してきたが、確かに日曜日の人では多かった。まぁ数十年ぶりに”コミケ雲”が出来た数年前よりはマシだったけど。。。

 今回は待機列に並ぶ気力もなく、1130頃にビックサイトにつくように出かけて都営バスで入り口の真下まで来た。高い金払ってりんかい線やユリカモメに乗るより東京駅から210円で歩かず真下まで来れる。どうせ開幕ダッシュなんていったって後ろから押されて転ぶのが関の山だ。。。明確な目的があれば待機もやむなしだがそんな気力もない。今年辺りは行けるから行ってみようかくらいの感じでカタログすらチェックもしてなかった(まぁいつもしてないけど)

 2日とも少し早めに切り上げて帰りもバスで離脱。秋葉を散策した。

 少し前にJA4BUAくわはらOMが頒布されているローテータのコントロール基盤を譲っていただいた。それ用のパーツを探したりした。探してみて驚いたけど。。。と言うか探し方も悪かったんだろうけど、必要であろうパーツは今回全部は調達できなかった。
 電子部品を売っている店自体かなり少なくなっている。マルツとかもあるけど、それでも肝心な部品は手に入らなかった。まぁハムフェアもあるし、型番が分かれば寧ろ通販のほうが確実かもしれない。

 13日は一日だけ仕事。部署によってはほぼ全員で休んで6連休、もしくは金曜も休んで9連休のところもあるらしい。うちらの部署でそれは無理だが交代で月金休めば6連休は確保できるんだけどなぁ。。

 14からはまぁだらだらしていた。15日は上越、16は村上と俳諧。シャックは暑いので敬遠気味。
 15夜から雨が降って16日は気温が下がった。見たこともない土砂降りでシャックのぼろ小屋では身の危険も感じるようだったがなんとかやり過ごした。だが!雨のせいかどうか714Xが全く使い物にならなくなった。全バンド駄目なのでバランの可能性高し。
 とはいえ今まで防水が駄目で使えなくなったことは一度もない。ので雨かどうかも分からない。
 もしバランに水が入ったとしたら、今までノートラブルだっただけに水が抜けるのも大変だろう。。。

 手持ちのに交換する手もあるがもともとタワーに上ってもせみが精一杯だし、日ごろの運動不足もあっていきなり上るのも危険だ。週末のKCJはパスかな。。。ACAGくらいまでに復帰してくれれば。。。

 明日は一日仕事すればまた土日と休み。なんかやれやれだ。。。
 

ペディションモードその後と暑さ

 新潟はだいたい6月より7月の方が雨が降ったりする。
 もちろん、梅雨が明けるなんてのはある程度それが落ち着いてからだけど、今年は6月末でもうギンギンにアツい。。。

 例によって関東甲信はあけたけど、越はまだですかね。。。まぁ細かく見る気もないけど。。。

 ボロ小屋で冬は隙間だらけだけど、だからと言って夏涼しいわけでもない。これからの季節はいちばんシャックには厳しい。

 特に夏の午後は室温が40度近くになることもある。無線機が熱でダウンすることも。。。
 今朝も朝から暑かったが、早くからシャックに行って窓を開けていたのでそれほど熱は籠らなかった。湿度がそれほど高くないのも助かった。

 KH1はさすがにJAからはやり易い場所でなんだかんだでスロットは埋まった。
 ただRTTYやFT8は思ったほどサクサクは進んでいないような。。。クラスタにはたまに批判めいたコメントが付けられている。

 個人的な感想としては同じバンドモードばかりに偏っている感じがする。同時に何波も出ているのでまだそれほど文句も出ていないのだろうけど20mあたりはSSB,CW,デジタルと出ているかと思えば12や10はSSBばかりでCWやデジタルはレポートが少なかったりする。確かに同じバンドに出続けることで暴落させてATNOの人にチャンスを振るのも一つの方法だが、限られた時間で上陸した場所で暇そうにCQ出すくらいなら少しでもレートを上げるのに薄いバンドモードもQRVするのもいいのではないのか。。。と思わなくもない。まぁ待ってるだけの外野がとやかく言っても仕方ないことだけど。。。

 ただ20mのRTTYのOPはちょっと首をかしげたくなる感じのOPだった。ピックアップにだいぶ時間がかかるしコールバックがあってレポートを送ってもTUを返さない場合もあるようだ。こちらはNILを恐れてしつこくレポートを送ったが30秒くらいたってからTUが来た。

 午後からこれと言ったターゲットもなく部屋は暑くなってきたのでちょっとローカル宅へ。
 その時に聞いたのだがペディションモードは別にCATでなくても出来るのだそうだ。ちらっと耳に挟んだ話は本当だったらしい。
 細かい設定の事までは聞くのを忘れたけど、特に問題なく出来たと言っていたのでCATで制御していないシステムでも試す価値はあるかも知れない。マニュアルにも手順が書いてあるそうで、まぁCATでお任せほど楽ではないようだがQSO出来ないことはないみたい。

 今年は夏が長いのかな。。。さすがに扇風機だけだとちょっときついけど、借りてる小屋に勝手にエアコンつけるわけにもいかないしそんな金もない。今年もウンウンうなりながら夏をやり過ごすしかないのかな^^;
 

KH1/KH7Zとペディションモード

 HF後発組だった自分は古くは1998年頃にあったWの個人コールのKH1を何局かQSO。なぜかAH1Aはやってないようだけどやはり大々的なペディションと言えば2002年のK1Bだと思う。

 そして始まったKH1/KH7Z。久しぶりのKH1になるかな。
 20年前のペディションと比べたら色々と変わる所が多いだろう。 ログはまだ運用期間中に合否が分かるのでダメならリトライできるしどの地域がどの時間帯によくQSOしてるかなんてチャートもでる。まぁその代り壮大なマスゲームの時代になり、強大な設備の局はますます漏れがなく弱小局はそのしわ寄せを食ってチャンスが減っていく。。。まぁでもクラスターなどのグローバルなインフラとCWskimmerやSDRなどのローカルなインフラを併用すればチャンス的には増えたのではないか。。。

 そして一番変わったのはJTやFT8と言った弱い信号むけ(?)のデジタルモードの出現である。
 今回のKH1ではペディションモードと言う同時複数の局とQSO出来るというモードでの運用が明記された。ブーベではまだFT8での呼び方を推奨した文章が出たにすぎず、しかも実現しないでしまったのでFT8と言うモードのコンセンサスを得るチャンスを失ってしまった。

 だが今回のKH1ではつい最近搭載されたこのペディションモードを実践投入、これからのスタイルに影響を与えそうだ。

 昨晩160に出現したという話を聞いたので、今日も退社後シャックに向かう。
 リグの前に座って20mを聞くとさっそくいた。しかも強い。

 搭載されてすぐのペディションモードは捌く側(FOX)が1000Hz以下だとか、コールバックがあると低い周波数に引っ張られるとか漠然とした話は耳に挟んでいた。恥ずかしい話普段はJTDXなので、今回はぶっつけ本番、出たとこ勝負だ。

 一応昨日アワワにならないように設定だけしておいた。通常のFT8の周波数と少し違う所に出るので周波数の情報を書き込んでおく、またスプリットモードはCATで。。。を選択。下にあるテストボタンで動作は正常なのを確認。
 いざ画面に戻ると周波数の横の丸にSのじがつくようになった。スプリットのSだ。いじってもいないのにVFOの外に表示をしてないような。ん?なんだこれ。。。と戻してもすぐにまたスプリットになってしまう。しかもVFO-Bはスプリットを解除してもすぐまたBにうつってしまう。。。とりあえず一回呼んでみて。。。そのあとどうするか。。。と考えてたらコールバック。そして聞いていた通りに相手の送信周波数に引っ張られて終わった。今ので終わったの。。。。?って感じだった。
 30mで呼んでみたけどやはり同じような感じだった。

 256534034_org.jpg

 解説用のサイトを読んで、一通り動作をイメージしていたけどそれでも色々びっくりした。
 未確認情報だがコールバックの時に手動で相手の送信周波数に自分の送信周波数を持っていくことが出来ればペディションモードでなくてもいいみたいな話も聞いたけど、現実的には相当難しいだろう。おとなしくCATを設定した方がいい。
 今までそこをスルーしてなんとなく電波を出していた組はこの際きっちり設定しておいた方が今後のためになる。

 FT8でデジタルモードをとりあえず終わったので、そのあと160CW。
 これがまた難物だった。信号はそれほど激ヨワではなかったけど、ふわふわと上下の激しいQSB、加えて久しぶりの160mはほんとに聞きにくかった。最初はNN?で帰って来てその後打ち直して599を送ったがなんか手ごたえがなかった。
 遅い時間になってQSO今度は何とかフルコピー。

 あとで気づいたがRTTYがなくデジタルでモードニューだったがバンドは160とともに30mもニューだった。

 6m用の周波数もあるようなので、KH6辺りが聞こえている今のコンディションなら可能性は十分あると言える。
 WSJT-xを6mの対応も追加して帰って来た。 時間的に週末しかチャンスがないが開けたら面白いだろうなぁ。
 


 

アンテナ交換

 実は先月の20日、長年使用していたCL6DXZのスタックを、少し小さいCL6DXXのスタックに交換した。

 最初は、SWRが上がるとなかなか回復しなくなり、しまいにはほとんど聞こえなくなったAFA30を交換するだけの予定だった。
 同じ市内のローカルのOMより30mのモノバンドを譲っていただけることになり、調べたらコイルだけで40K近くかかるAFA30の保守部品よりも安く譲っていただけると言う事なのでお願いして、上げ替える算段をしていた。

 302.jpg

 だがそこで待てよ。。。年々SWRが上がり、ここ2,3年はATUを入れないと間ともに電波も出ない感じになってきた6mもこの際何とかするってのはどうだ?と思い直すことに。
 だがメンテナンスを依頼している業者は上越なので、丸一日お願いしたとしても、DXZを2本おろし、給電部を手入れしてRTTYが50.9にバンドプランがあったころの広帯域チューンのエレメントを全部防水テープを剥いて再調整、また元通り上げる。。。なんてのはぶっちゃけ現実的ではなかった。
 時間的なことを考えれば作業日に合わせて新品を組んで上げ替えるしかない。それはタイヤを組み替えるかホイルにはめたモノを脱着するか。。。と言う考え方に近い。

 降ろしたアンテナは再生出来れば誰かに譲れば次期アンテナの頭金位にはなるだろうし、仮に再調整でDXZを上げ直すとすれば上越から2日分工事を頼むことになる。1日でアンテナ1本分くらい飛ぶことを考えたらやむなしだろう。
 そしてアンテナは、8エレで長年強風などの負荷でタワーもくたびれていることを考えてDXXとした。収入も少なくなったし、2本買うと差額で工事台くらい出てしまうのだ。。。

 GW前に何とかネットで2本買い求め、GW前半でのんびり休み休み組んだ。

DXX.jpg

 これら二つのアンテナを用意、工事日の20日を迎える。
 幸い天気も荒れずにアンテナは上がった。

DXX2.jpg

 今まで9mあったブームが7mに。その小ささからおもちゃっぽいな。。。と思わざるを得ないが、風による負荷の軽減、隣接タワーへの干渉の軽減などが期待できるし、Hi-SWRでパワーも50%ほどしか出なかったアンテナに比べればむしろ飛ぶようになるだろう。。。と勝手に良い方に考えて期待していた。
 今の所アンテナが小さくなったから。。。と言う影響は少ないと考えている。考え出すときりがないこともある。
 6mのDXもJTやFT8にシフトしつつあり、CWなど既存のモードほど弱肉強食感はない。まぁFT8などは本来ならそういう傾向なのかもしれないけど、マルチデコードと言う環境なため、力だけではない要素が影響するので幾らかDXには参加できそうだ。

 だが、少し気になったことがある。
 アンテナは設計図通りに組み立てたつもり。トラブルがあっても納得できるように一人で組んでいて確認した範囲では間違いはない。だがDXZ同様CW/SSBの周波数では少し高く(パワーが出なくなるほどではないが)、JT/FT8の周波数ではほぼ問題ない。そしてEu方面はそれほどでもないが北米方面だとSWRがちょっと高くなる。

 ちょっと前に回転部のFBケーブルに力が掛かって変な風にまがってしまい、溶断したという書き込みを見た。
 うちも回転部分はFBケーブルだし、思い当たらないこともない。最悪交換しても今より悪くはならないだろう。。。なら不安要素は一つでも減らしていくことだ。
 と言うことで回転部分の同軸も交換。心なしかノイズが低くなったような。。。まぁこれは多分プラシーボ効果。でも北米方面のSWRは結構低くなった感じ。
 またこれでしばらく様子を見る。たぶん大丈夫だろう。。

 それよりも大変状態の良い30mのアンテナは良く飛んでいる。こっちの方は期待以上だった。
 これでまた数年は楽しめるだろう。。。
 
 

 | HOME |  »

Counter

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Solar Data

Appendix

JH0RNN

JH0RNN

へっぽこアマチュア無線局
国内外問わずQSOしています。HF~UHF,CW/SSB/RTTY
上のバンドは衛星とEMEも。

よろしくお願いします^^

FC2Ad

まとめ