田んぼの中の無線小屋

新潟市のすみっこ、田んぼに囲まれた掘っ立て小屋でひっそりアマチュア無線を楽しむオッサンの堕落日誌^^;

アフリカが忙しい

 大してコンディションも良くない中、比較的期待できそうな朝ワッチに出かけている。。。
 と言ってもそれも今日までなのだが。。。

 今、朝アフリカが忙しい。5U5R、TU7Cが20m、40mなどで入っている。
 朝の5U@40mは結構強い。ATUの壊れたリニアではSSBはリグ単体の200WMAXでしかも内蔵ATUで相当ごまかさないと電波も出ないが何とか飛んで行ってる。

 今朝はいつもより少し早めに出かけて160や80も聞いてみた。
 9G5Xの160は良く入っているけどDN指定にはなっていないようで、EKなどにパイルが集中していたようだ。

 80は聞いてびっくりしたけど、かつて160で大暴れしていたようなドラゴンが出ているようだ。
 バンド中バラバラとイグニッションノイズのような雑音が出ている。。。けどNBでは払拭しきれない。きつくかけるとUPのJAのかぶりがひどい。これは大変だな。。。と思ったけどTU7Cは割と強く入っていて呼んだらQSO出来た。

 朝は忙しい。TUや5Uと錯綜している感じ。こちらもLOTWでないスロットを優先にしながら読んで可能性のありそうなところを切り替えて呼んでいる。昨日も30mのTUか何か聞いていて20mSSBに移ったときにスプリットを忘れてコールしていたら「RNN!焦らない焦らない!」と言う生暖かい指摘をされてしまった。。。
 気をつけているつもりでもせわしなくバンドを渡り歩いているとどこかでやらかすものだ。。。

 午後からのロングパス、5U5Rの20mLPは強い。是非RTTYお願いしたい。。。
 夕方も悩ましくて20mはLPがいいけど17や15はSPで入ったりする。すてっぱならゼンマイで前後を伸び縮みで変えてあげれば回さずに済む。最もエレメントの再構成にどれくらい時間かかるかはわからないけど。。。

 17mのEKのRTTYはうちでは聞こえなかった。。。西日本から1まで呼んでいる。17mの地域差の怖い所だ。
 とりあえず40RやったのでモードNEWではないが。。。

 昨日スロープ位置をほんの少し変更したら80も160も1.5以内に収まった。
 AFA30もいつまた再発するかわからないが今朝はSWRが落ちていた。久しぶりに全バンド正常な状態なのでこういう時に少しでもやっておきたい。
 
 それにしても80は萎えるな。。。あのレーダーだか何だかは。。。
 

 
スポンサーサイト

714X修理

 俺よりも長生きすると思った親父が死んでからもう2年がたつ。
 恥ずかしながらこんな無線なんてやって遊んでられるのも親父が生きてたからだというのはあったので、シャックを畳むことは当然頭に浮かんでいた。
 だが母親は「別にすぐに畳むこともないんじゃない」と言ってくれ、いいのか悪いのかまだ無線をやって遊んでいる。

 今のアンテナシステムになってから11年、そろそろあちこちガタがきているらしい。

 ここ半月位、メインのアンテナである714Xが調子悪くて萎えていた。
 アンテナを回転させると時々ふっと信号が下がる。前に台風でずれたアンテナをそろえてもらった時に、南センターで北止め、と指示するべきところを勘違いして北センターと伝えてしまい、留守中に工事に来てくれた業者が北センターで同軸を処理してしまっていた。
 センターとはこの場合360度回転するローテーターが右にも左にも180度回る位置、という意味だ。地域によって北で始まって1回転、南で始まって1回転などそれぞれ違ったりする。
 日本海の海岸まで5Km、北東から南西まで陸地が続いている当地では当たり前のように北どまり、南センターを採用している。

 そのローテーターを逆センターで同軸を処理したらどうなるか。
 左右180度に開店するように処理しているので、逆センターだと片方の360度はだんだんと必要以上に同軸を押し出す感じに、逆方向の360度は同軸が足りなくて引っ張られる感じになるだろう。
 実際北西に向けたときに急にアンテナの回転がおかしくなった。なかなか動かないのだ。すぐに連絡して話しているうちに自分の勘違いに気付いた。しばらくしてから直してもらったけど、その時に同軸が傷ついたか、FBケーブルなのでむりに曲げの力がかかってシールド部分の剥離か。。。と考えていた。

 たまたま新潟市に仕事に来ていた業者の人に連絡がつき、仕事帰りに寄ってもらえることに。
 確認してもらうと同軸に外傷はないとのこと。でも同軸を揺さぶると確かにSWRが変わる。7メガでびゅんびゅん針が振っているのがぱたっと振れなくなるので電波を出さなくてもすぐにわかる。

 しばらく作業していたが、いろいろやっても電波が出るようになり、作業が完了した。
 恥ずかしながら忘備録を兼ねて解説を書いておこう。

 うちのシャックでは無線機の後ろからの同軸はタワー横に取り付けてある防水ボックスの所で中継する形を取っている。
 大きいアンテナに長い同軸では取り周しに苦労する。特に取り換えとか修理の時に大変だからだ。アンテナはバランからボックスまでの数mの同軸をつけておけば上げるときも楽になるので前のタワーの時からこの方式にしている。

246022184_624.jpg

 分かりにくいと思うけどこんな感じ。
 電工用の防水ボックスなのでした側は切れ目が入っていてケーブルの出し入れができる。箱の中は工事用のブレーカなどが止められるような板が入っている。蓋はスライド式の奴で、もともとはVUの人がプリアンプをしまったりするのに使っていたアイデアをHFに使ったものだ。
 シャックからはHFは10D-2Eと言う被覆のものすごい固い同軸ケーブルを採用している。もともと海底埋設用だか何からしい。
 難点は切り売りしていないのでドラム単位(100とか200とか)で買わなければいけないこと、加工が大変なことだ。
 だけどボックスまでの部分で動くところがないので固定できる。

 今回の問題は同軸の傷みではなく中継コネクタだった。

 246022050_624.jpg

 今になって思えばそんなことあったな。。。と思い出したことがある。
 上側のコネクタを雌にすればコネクタ1個節約できるジャン、とかそそのかされてアンテナ側のコネクタを雌にしていた。

 最初はボックス下部の切れ目部分はスポンジが入っていて同軸が動くことはなかったが、経年劣化でスカスカになり、回転につられて同軸がわずかに動くようになったらしい。
 そのわずかな揺れでメス側の受けがぐりぐりと広げられてしまい、接触が悪くなっていった。
 接触が悪くなると、リニア入れてフルパワーで短点を打つと直ることがあったりしたので、悪くなるたびにそんなことをやっているうちにオス側のピンの先端が黒くなっていたとか。

 そこでメス側の受けを狭めて、オス側のピンを磨き接続し直し、また回転によって同軸が動くことがないようにその手前で固定したとのことだった。さすが百戦錬磨の業者さんだけある。うちじゃ同軸が悪くないと判明した時点で首をかしげるだけだったろう。

 最近AFA30も芳しくないので隣のタワーも上がってもらい、ついでに6mの8エレが上下でずれていたので直してもらった。
 AFA30はかなり劣化しているね、と言われた。前にも使っているうちに同じ症状になったことがある。
 まぁ雨の日にフルパワー出しててコイル焼いたっポイのでまたそれが出てきたのか。。。冬の間は何ともなかったけどここまた調子が悪い。まぁAFA30コイルがちょっと弱いんだよな。。。730Vや714Xの7メガ用コイルも弱いとされているけどこいつも同じなんじゃないかと思っている。 

 これで30m以外は安心して遊べそうだ。

 夜はテンションを張りなおした160や80の調子も見たが少しSWRが高いようだ。
 これからは外も少しづつ暖かくなってくるのでおいおい調整していこうと思う。

 シャックとはもう少し付き合うことになりそうだ。。。
 

忘れてはいけない日

 今日は朝からTVも震災を忘れないぞ、と言うモード一色だ。
 無理もない。関東から北の太平洋側に広く被害をもたらした大地震からまだ6年しかたっていない。

 地震当日は仕事をしていた。
 訪問先の運送会社で、何かにつかまっていなければ立っていられないほどの揺れを感じた。長い横揺れだった。

 車止めやサイドブレーキしてあるはずのトラックの大きな車輪が前後に動いていたのが分かった。とてつもない力だと思った。

 福島県の相馬や南相馬と言ったところは6mのミーティングでもお邪魔した思い出の場所である。
 また、前の車(デリカ)の東北ツアーと称して2010年の秋に5連休があったので、新潟から北上して下北半島の内側をあがって大間漁港まで行き、そこからおりで久慈を経由、仙台から新潟に帰ってくる約2500Kmのドライブもやった。
 残念ながらタイミングも合わないし、何よりまだ足を踏み入れていいのかどうかわからないので東北の太平洋側にはいってない。

 最初は当分登校も自粛するつもりでいたけど、直接東北に行くのではないけど違う形でお金を使うことで結局まわりまわって東北を助けることになるのでは。。。と言うことで結局登校もつづけた。
 東北には喜多方に行ったのと、先日茨城にに行ったときにとおったくらい。時期を見てまた訪れてみたいものだ。

 5UやTUと言ったペディションがあるので朝早く行ってみる。
 714Xの回転部分の同軸と思われるが、痛んでいるらしく向けた方向によって感度が著しく下がる。今朝は5Uの40mSSBがあったが、バンドニューなので何とかやりたかった。SSBなので少し厳しかったが偶然にもアンテナが動作する方向だったのでQSO出来た。

 ここ1か月半くらいなんだか調子が悪い。それにこの冬は症状が出なかったAFA30の接触不良も頻発してきてなんだか萎える。

 714Xは唯一のマルチバンドアンテナだがそれで3バンドは不調。160も80も本調子ではないしAFA30も今一だ。
 もともと下がりつつあるモチベーションもなおさら下がっている。ヘタすれば7MHzの国内も満足に呼べない。

 ごごからもLPで5UもTUも入ったが弱い。呼ぶとリニアのプロテクトが働く。これではやる気が出ない。。。

 いったん帰宅して夕飯だけ食べてまたシャックへ。

 夜はALLJA0の3.5があった。80のスローパーも1.6くらいある。夕方ほとんどぶら下がっている感じでゆらゆらしてたワイヤを少し貼ってみたけどSWRに変化はなしだった。SWRは1.6近くある。
 まぁ実用上差し支えないなと思ってチューナーも入れずにコンテストに参加。

 Wから3局よばれた。国内はまぁまぁ。。。。8が少なかったかな。沖縄も1局。

 そうそう。リグだけどランニング中、受信に戻るといきなりスピーカーが破裂するんじゃないかと思うほど大きな音が出ることがある。FTDX5000をお使いの人はそういう症状にあったことはないだろうか。
 コンテストでもヘッドホンは使わない派なので耳を傷めたりはしないが、もしヘッドホンかけてる最中にあれならかなりきついと思う。聞いた感じではその症状が出るときはフィルタが効いてない。今日もバンド状況を監視するのに裏でskimmerを動かしていたが、フィルタのぎりぎりに外側で聞くとポフポフ行ってるような局が、その症状が出るときは一瞬の大音響とともにクリアに聞こえているのだ。これはいっかいWDXCに聞いてみたいと思っているけど。。。同じような症状の人はいませんかね?

 最近のコンテストはどれも我慢の展開という所だ。ツイッターでチャットする暇があるのはいいのか悪いのか。。。
 

こちらも悪いんだけどさ。。。XPO result

 久しぶりに雪の降った一日だった。

 何気なく朝ツイッターのTLを眺めていたらXPOの結果についてのやり取りがあり、あぁ結果が出たのだな。。。と思ってその様子を見ていた。電話マルチなのに7の電信に負けるなんて。。。みたいな書き込みがあり、へぇ、そんなに7でやってる人いるんだ。。。と思って見に行ったら、7MHz電信で俺が優勝してるじゃん。。。。。あれ?

 シャックのPCにはメールソフトをインストールしていない。POPはローカルアカウントが必要なのでプロバイダが違うと受信は出来ても送信ができないとか結構あるので送信はすべてWEBメールからにしている。ので家からでもログの提出状況は確認できる。

 どれどれ。。。と見てみると確かにXPOにはログ出してるな。。。でもマルチバンド電信だよな。。。とメールの内容をざっくり目を通すと、確かに参加部門はマルチバンド電信とあるが、カテゴリーコードはC7となっていた。さてはこれが原因か?

 今のコンテストはほとんど電子ログ推奨だ。逆に言えばわざわざログを描いたりプリントアウトしたりしてまでコンテストに出ていない。入力された項目は機械処理できるようにHTMLのような書式でタグに囲まれて出力される。

 以前はZLOGを使い、この手はZPRINTの仕事だった。テキストを用意しておけばそれを読み込んでサマリに住所や資格、リグやメアドをロードしてくれるようだが設定が悪かったのか毎回手打ちをしていた。
 今はCTESTWINを使っているけどZLOGと違ってZLISTやZPRINTの仕事も本体で出来てしまう。ログはテキスト出力を選んでメール用やハムログに貼るCSVも出せる。
 メール用テキストはサマリーも。しかも一回入力しておくと覚えていて次から入れる必要がない。
 だがそれもいい悪い。今回はたぶんその前に出たコンテストが7MHzシングルだったかだったのだろう。カテゴリーコードがC7のままサマリーを作っていた。しかもそのまま気づかずにログを作って出してしまっていた。

 こちらの手落ちはあるにしても、ちょっとこれは。。。。
 たぶん結果を見る限りでは、C7とカテゴリーコードが打ってあったためおそらく自動処理で(すぐ下にマルチバンド電信と書いてあるのにそれを読み落としてC7だけで見分ける方が難しいと思われる)仕分けたんだろうけど、ログの中身は一切見てないと思われる。当然申告した通りのスコアで(間違いだったが)優勝してしまっていた。

 コンテスト有識者の何人かは「スコア見ればすぐにおかしいと分かるよね」と言ってたが、まぁそうでなくてもログを一瞥していれば7MHz以外の周波数もたくさん書いてあるのだ。同様のケアレスミスは過去にもあったが、受領メールとともに参加部門がおかしいとかこれだとよく分らないのだがと言って問合せメールが主催者から届いている。。まぁ主催者としてはそれくらいの仕事は最低限しないと。。。ね。。。

 XPOコンテストはどちらかと言うと好きなコンテストだ。地域によらずCQが出せて一律の条件で遊べるからで、夏場から秋に変化する中であまり参考にはならないかも知れないけど全市全郡までの機関でコンディションや機器チェックをするにもいいイベントである。時間も12時間と短くはないが多少の戦略をシミュレーションできると思う(自分は個人的にCQ猿なので戦略とか立てたことないけどw)
 コンテストはルールがあって楽しいのであって、申告したデータをそのまま使うという性善説に基づいたやり方もある意味素晴らしいと思うけど、最近ではロギングソフトの普及でデータそのものの不備や書き違いはだいぶ少なくなってきているしレベルは底上げ&均等化していると思う。だからこそ精査でギリギリの判定を迫られる場面もあると思う。

 まぁ自分が間違っていてこんなこと言うのもあれなんだけど、もうすこしその辺はきちんとやっているものと思っていた。
 普通なら問合せメールがくるし、それがダメならむしろ書類不備ではねてくれた方がまだよかったような気がする。

 KCJのような方式を嫌いだという人もいるが、自己申告のスコアから精査で順位が入れ替わるなんて寧ろわくわくするけどなぁ。。。まぁたいていの場合こちらのミスコピーが多くて結構ひかれてるけどw

 まぁ色々な意味で複雑な気持ちになった結果だった。。。
 

高田世界館でこの世界の片隅にを観る

 上越市に、日本最古クラスの映画館がある。
 高田世界館と言う小さな映画館で、道の狭い昔の目抜き通りらしいところに立っている。

 今日はここに映画を観に行った。作品はもちろんこの映画館と同じくらいのノスタルジックな世界に浸れる「この世界の片隅に」だ。

 主人公のすずさんは大正14年生まれ。実在なら90歳を超えているが、この映画館は1911年から営業しているようなので106歳、すずさんよりも年上になる。

245806920_624.jpg

 イオンシネマやユナイテッドとはかなり趣が違う。電光掲示板で作品リストが出るような大手ではなく、その日の作品をチョークで書いて紹介してあるような昔ながらの映画館。

245806958_624.jpg

 料金は1500円。チケットを買うと昔ながらのスタイルなのだろう。厚紙で出来たチケットが。
 これを見たとき、”千と千尋の神隠し”でユバーバの妹の家に行く時に乗った電車で使ったチケットを連想させるw

245806974_624.jpg


 入口から入った狭い待合室には昔の田舎の駅にあるような石油ストーブにドーナツ型のテーブルをかぶせたようなこれまたレトロな暖房が置いてある。
 そう。作りとしては映画館と言うより劇場、と言うよりは芝居小屋みたいな感じなのかな。

 入るとスクリーンの前に奥行きのあるステージがある。
 暖房はなんと家庭用のファンヒータが置いてあって、上映の前に係りの人が灯油をつめたタンクを入れ替えていた。

245806996_624.jpg

 時間になると、拡声器も使わないで係りの人が上映を知らせるアナウンスをしていた。
 まぁでもこれは他でも見たことがある。例えば立川シネマシティなんかも同じスタイルだ。

 CMなしと書いてあったが、今月女優さんが舞台挨拶に来る映画のPVだけ流れていた。多分こういう映画館でしか見られない類の映画なんじゃないか。しょっちゅう映画館に入ってるけど見たことないタイトルの映画だった。
 1本だけPVが流れると即上映開始。

 小学校の時に体育館でやったような上映会をほうふつとさせる。
 今のように音がそれほど反響しないような素材の壁や床ではない。音響はたぶん昔のままなのだろう。独特の反響のある音が流れる。それがまた懐かしい。
 ただ残念ながら小さい音は聞きにくかった。。。
 例えば草津のおばあちゃんちに行ったときにすみちゃん(すずの妹)が鼻歌を歌うシーンがある。
 他にも祝言の夜に周作さんがやはり鼻歌を歌いながら雑誌をめくるシーン、鬼いちゃんの遺骨をもらいに行った帰りにすずさんの両親が「寒いとこバカバカしい・・・」とつぶやくシーンで親父さんがたばこを吸いこむとちりちりとタバコが燃えるときの音がするんだけど、ここの劇場の音響ではそれらの小さい音の再現が少し残念な気がした。

 上映が終わって外に出る。
 上映予定の映画も余所とは少し違うラインナップのようだ。どちらかと言うと新潟のシネウィンドとかそっちの系統なんだろうな。

245807023_624.jpg


 言ってみれば。。

 どこかお店に入って食事をするとする。
 もちろん味は大事だけど、自分の場合は店の雰囲気を割と重視する。まぁグルメではないせいもあるけど、お金を出している以上まずくて食えないという店はそれほど多くない。でもいくら美味しくても店の雰囲気が悪い所は二度と行きたくない。

 今回の高田世界館もそれと同じだ。昭和、それも自分の生まれるはるか前の時代を描写した映画を見るのにこれほど適した映画館はないのではないか。。。この映画館の存在を知り、しかもこの世界の片隅にが上映されると知ったときにこれは行かなければ。。。という使命感に近いものを感じたのだw

 片淵監督もここには思い入れがあったのかもしれない。
 劇場に送ったサイン色紙も飾られていた。これを見られただけでも来たかいがあった。

245807104_624.jpg


 帰りは新井の道の駅にある食堂ミサで味噌ラーメン。定番中の定番だが、メニューにカレーラーメンの文字を見つけてしまったので次はトライしてみようと思う。

 上映時間より長い時間運転(片道)でのとんぼ返りでさすがに疲れた…・TX5Tの160m レポート上がってたけどさすがに行けなかった。
 

ゴジラ展 etc

 しばらくショップに顔を出していなかったので印字済みのQSLを持ってショップに行く。

 あの。。。とQSLを抱えて入っていくと、店長さんが苦笑しながら「発送しちゃったばかりなんですけど。。。」と言いながらそれでも一応受け取ってくれる。忘れてた。。。。ここは市内にあった店舗の時もそうだけど毎月大体20日過ぎに発送するんだった。。。

 私の記憶が確かならば(by 鹿賀丈史@料理の鉄人)、営業に来ているメーカーの人間に持たせてJARLに届けさせてるんじゃなかったかな。新潟の店舗の時はそうやっていたと思う。
 久しぶりにCQ誌をめくったけど、しばらく読んでいないのでウラシマ感が漂うばかり。
 中古の無線機も欲しいというより寧ろ整理したい感じなので所在無く滞在時間短く出てきてしまったw

 次の目的は今日はゴジラ。

 地元の新聞で紹介されていた本屋さんの中のゴジラの展示を見に行った。

 秋葉区の消防署の前に駐車場を囲むように店が立ち並んでいる所の一角に本屋さんがあって、今月いっぱいゴジラの模型をたくさん展示している。
 レジのお姉さんに一言断って並んでいるゴジラの写真を撮っていた。

 こういうのはやはり珍しいので寄ったり低く構えたりして写真を撮っていたら、中の長いすに座っていたおぢさんが近寄ってきていきなり「これさ、このゴジラなんだよ。。。。」と嬉しそうに昔の雑誌を開いて説明を始めた。

 カモが来た!みたいな感じだったのだろう。
 色々と熱く語ってくれた。年のころはどう見ても俺よりも年上。近所のオジサンと言う以上に何も思い浮かばないほどヲタオーラなどかけらもないのに言葉がアツい。

 中には仮組だというゴジラもあった。新聞サイトの写真で見た感じとイメージからではこの手はソフビ人形の類だとばかり思っていたらキットなのだそうだ。結構な数のパーツがある。10㎝位のモデルでも、背中のひし形のひれ一枚一枚をプラモデルみたいに切り離してバリを取り、仮組して塩梅を見てから一回洗い、さらにそれを煮て(!)余分な脂分を取ってから組み付けて、半田ごてではないけど似たような熱を与える治具で組み付けた際の隙間を溶かして埋め(まったく一緒ではないけどパテ埋めの要領らしい)、それを体の表面と同じような凸凹をつけて境目を目立たなくするのだろうだ。見せてもらったけど俺みたいな素人では組んだものとは思えない一体感だ。
go4.jpg

go3.jpg

go2.jpg

go1.jpg

 他にもレジン(?)と言う石膏のような樹脂のようなので固めてある模型もあった。これもおじさんが快く持たせてくれたけど手にずっしりと重い。ガレージキットらしくて薄いベージュ色みたいな素材の色のキットで、たぶん吹付塗装とかするんだろう^^;

 色々と話し込んでいたら、もう一人俺と同じくらいの歳の兄さんが入ってきた。手に何かを抱えている。
 ミニラの模型だった。10㎝位の模型を完成させたものだった。15K位らしい。

 その人はオジサンよりも若いこともあって詳しかった。
 ゴジラの中の人にもレジェンドみたいな人が要るらしくて~のゴジラは中の人が◎◎さんじゃないですからね~みたいな話とか、他にもウルトラマンとかの模型(がれき)を実写の背景と組み合わせた写真集とか持ってきて「この本の著者は海猿とかの原作の人なんですよ」とかまた一段と濃い話を始めた。

 一部売りに出しているものもあった。20㎝位のモデルだがこれで45K?と思ってみていたら、その若いお兄さんの話ではキットが5万、それを組み立てる代行業者がいて、その有名な業者が組み立てるとそれが5万で10万の値がつく代物だそうだ。。。
 しかし、こう言うのって自分が組み立てるのが楽しいってわけでもないのか。。。無線だってアンテナは自作、完成品でもせめて自分で組み上げる方が楽しいと思うんだけど、こういうのって組んじゃったらあと飾るだけだし、アンテナよりももっとそういう部分でしか楽しめないと思うんだけど。。。

 俺なんかはリアルタイムではあまり見ていないし、先日の渡辺謙の出演したアメリカ版の奴と、シンゴジラを4~5回見た程度のにわかだ。なんかおじさんに気に入られていろいろ話しかけてきてくれてるのにいやにわかなんですとも言えずにふんふんと相槌をうつのもいいのか悪いのか。。。
 デモなんていうのか、会社でもそういう話題をする機会は皆無だったし、自分はマイノリティだという自覚はあったのだけど、こんな年配でもアツくヲタ活動している人がいるのが分かって楽しい時間だった。

 帰宅したら今月初めに受けた一陸特の通知が届いていた。何とか二文字だったようだ。

 ツイッターでお祝いメッセージもたくさんもらう。

 今は申請に医師の診断書も住民票も必要ないようだ。時代は変わったなぁ。
 
 

TL8TT 17m

 久しぶりの内科。
 インターバルが長いのはいいんだけど、薬代が厳しい。。。まぁ日数で割ってるわけだから1日辺りにすれば変わらないのだけど一度に出す金額の問題もあるので。。。

 帰宅してから親の保険契約の更新の立会。
 契約している保険会社では70歳以上の加入者は一人では契約できないらしい。立会が必要だそうだ。

うちの親よりも少し歳が下のおばちゃんが、入ったばかりの新人を連れてやってきた。
 どこもかしこもITなので、おばちゃんといえどノートPCを持ってきている。PCMCIAみないなスロットに通信カードが入っていて、昔契約していたAIR-H"のやつ見たくアンテナが飛び出ていた。

 契約書の類にハンコが要らないのはどこの業界でも標準になっているらしい。
 役場で住民票を取るにしても印鑑を押す場所はない。直筆サインと本人確認のできる証明(運転免許が一番楽)があればハンコを持っていく必要がなくなっている。
 保険も直筆署名はPCのアプリ内の入力窓にスタイラスペンみたいなので直筆するスタイルだった。

 母親は機械に疎いので書いてる最中に画面に手が触れてしまい、ペンから線を引いてしまい、まるで電車内で口紅を引いてる女性が急に揺れて顔に横線引っ張ってるギャグがあるが、それみたいに書いてる字が急にびっと線が引かれたりしてた。

 署名が終わったらセンターに電話。担当が出てskypeなのかほかのアプリなのか、画像と音声で担当と会話して契約を進める。
 加入者である母親と立会人を同じカメラの中に収めて向こうからカメラで確認しながら契約と言うやつだ。いつの間にかサイバーになってるんだな。。。この業界も。。。

 3時ころからシャックに。
 平日だからか、それほど賑わってない。だが16時過ぎにTL8TTの17mのレポートが上がったので聞いてみたらLPでよく入っていた。初めて17mのまともな信号を聞いた。

 先週は9H3WHXがSPで来ていたのでSPかなと思ったが、20mSSBと同じでLPでよく来ていた。

 15mはかすっていたようだけど聞こえなかった。

 他はXX9Dと何バンドかQSO。どうもピックアップに時間がかかっている。あんまりスマートではないように思えた。

 TL8TTは今日までだったかと。。。

 今回恥ずかしいことに20mCWを2回やってしまった。
 普段ロギングソフトをログに使って、適当なところでハムログにマージしているが、WPX-RTTYやKCJトップバンドでいくつかのファイルを入れ替えて使っていて、その時に今年になってからのデータをまだマージしてないのを忘れてハムログを叩いたら当然出てこない。と呼んでは見たもののB4が帰って来て恥ずかしい思いをしてしまった。

 原始的だけど前にちょっとやってた星取表でも復活させた方がよいかなぁ。
 
 

あっちもこっちもひやかし

 試験も終わったので、ようやくまたシャックに通うようになって、億劫さが少し薄くなった。

 朝も通って行ってみてるけど相変わらず深夜アニメを見てから寝るので結構つらい。
 5時半に起きて家を出てもシャックにつくのは6時過ぎ、SRまでのワッチ時間は30分ほどしかない。

 土曜日はTL8TTの160を初めて聞いた。うちでも聞こえてるんだからそこそこ強い信号なのだろう。ちゃんとQRVしてくれればアフリカからでも電波は飛んでくる。ただなかなか飛んでは行かないようだ。。。
 聞いてる範囲ではコールバックがあったようには聞こえなかった。これは結構手厳しい感じなのかな。

 逆に80は全く聞こえず。

 土曜日はWPX-RTTYがあったのでそのままワッチ。
 まぁ使えるのは20m、15mくらいだ。ボタンをぽちぽちするだけなのでQSOは楽。

 北米でもカリブはなかなか飛んで行かない。最もクラスタに乗る前なら弱くてもQSO出来ることはあった。

 いったん飯を食いに帰って午後からまたワッチする。
 TL8の関係で15時過ぎからワッチすることもあるのだけど、ロングパスの方がいいことが多いようだけど、コンテスト局はショートパスの方がいい局が多かった。最もコンテストをやる以上対象が全世界だしロングパスで狙う所ばかりでは逆に他が不都合になるというのもあるのかもしれない。土曜も日曜も夕方はショートパスでヨーロッパを狙った。

 早い時間はカザフや東欧の端っこ、LYとかその辺から始まってUR,YO,LZ。。。良くなってくるとGとか奥まで入ってくる。
 聞いた感じでは日曜日の方がよかった気がする。土曜日は天気も悪かったし19時頃撤収してファミレスで飯食って帰宅。その時に霙が凄かったのでおとなしくしていたのだけど、21時ころから回復、風は強かったけど結局降らなかったので舞い戻ってKCJトップバンドに参戦。。。。と言う選択肢もあったのかなと思うけど、疲れていたし時々ぱらっと降ったりしたのでいいや、とそのまま寝てしまった。

 日曜日は160はあまり聞こえなかった気がする。賑わっていたのはTL8TTの80mだ。
 着席してしばらくするとメーターが降るほどではなかったもののかなりはっきり聞こえてきた。3530あたりで8時ころ出現するのは全く聞こえなかったが今日はいい。しかもJA指定だったようだ。

RTTYは少し珍しいところも出来るようになった。ただカリブ辺りの局は出てるのが少ない。

 今日は時々コンビニに出かけながらシャックにいた。
 とにかく強烈に寒い。ストーブはもちろんガンガンに焚いてるけど陰になってる方の左手はかじかむほどだ。
 正直パドルを操作するのも大変なくらい。 土曜の朝などは年に何回も吹かない強烈な南風で階段の窓の内側に雪が吹き黙っていたほどだった。

 日曜日の午後もショートパスがよくて早い時間から遅くまで聞こえていた。
 特にGやらEA5、CT3なんかよく聞こえていた。CUあたりもコールバックはあったがQSO出来たかどうか。。。ナンバーは送ったけど手ごたえはない感じ。

 19時からちょっとだけKCJトップバンドに出てみる。
 魚探起動すると狭い所にびっしり。まるでところてんが出てくるように隙間なくびっしりと符号が並んでいる。

 これだけ魚影が濃いならさては呼ばれるか。。。と思ってCQ出してみたがさっぱり。レートは上がらない。
 CQ出す局ばかりで呼んで廻ってる局はいないのか。途中中座してRTTY聞きに行ったけど、ラスト15分またKCJに。

 100Q位行くかと思ったけど甘かった。。。コンディション的には悪くはなかったと思う。
 北は釧路、西は鹿児島まで飛んでいた。中途半端だったけどまぁ楽しめたのでよいか。
 
 

サブPC不調

 CPUの刺さるマザーボード弄らなくなってどれくらいたつだろう。。。

 たぶんPentiumのシングルコア以降組んでないような気がする。
 LGAソケットがめんどくさそうだという雑誌の記事を読んで、なんとなく敬遠してきた。

 それでもマザーにCPU実装済みのAtomやらdual celeronとかが出てきて、ファンレスでコアクロック2GHz位ものなら、シングルコアのPentium4にごついクーラーを乗せたくらいのパフォーマンスは出る。まぁAtomだともっさり感はあるけど、、、celeronになって少しきびきびするようになった。

 実は毎回時間とられるのが嫌なのでwindows updateなどはまめにはしない方だった。
 だけどシャックのPCを二台ともwindows7にしてからはupdateを定期的にかけるようにしていたのだけど、サブのPCの方はここ10日くらいHDDのアクセスランプが常時つくようになった。
 原因にはいくつかあるらしい。ドライブを認識しない(HDD,CD-ROM)とかメモリがダメになってHDDにスワップに行くとか幾つかあるようだ。

 光学ドライブのアイコンが出てこないこともあったので外してみる。
 その時にSATAのコネクタがどうなってるか確認しないで、なかなか取れないなと思って引っ張ったらピンを曲げてしまった。。。
 これ、マザー側のピンに黒いカバーがかかっていて、ケーブル側のコネクタにロックできる機構があったようだが、暗くて見てなかった。なんか取れないなと思ったら基盤側の黒い奴まで一緒にくっついてきてマザー側のピンは折れたり曲がったりして使い物にならなくなってしまった。

 光学ドライブのない状態で起動してもやはり変わらない。
 しらべたら裏でバックアップのためのタスクみたいなのは常に動いていてアクセスランプがつきっぱなしに~とか書いてあったので探して設定を外してみるけど一時的に常時点灯はなくなったけどしばらくするとまた付いてしまう。。。

 こうなるとHDDかメモリか。。。ってことなんだろう。どっちにしろ替えてみなくちゃダメかな。。。。
 マザーは確かに印象はそんなに良くなかったのだけどネット見る位なら十分だった。マザーの定格から言うとメモリの規格が合いそうにないので最悪マザー、目盛、HDDを買い替えることに。。。ちょっと痛い出費だ。。。

 ラジオの方はロングパス弱かった。
 近所の局が17mSSBでTL8TTを呼んでQSOしていたようだがうちには全く聞こえず。。。向こうは248A、うちはCL17なのに。。。

 あと714Xが20mだけなのかふっと信号が弱くなる。他のバンドではならないみたいだけどコイルなのだろうか。。。
 バランならどのバンド聞いていてもなるよなぁ。。。

 今日は20mの7X3WPLだけQSO
 
 

久々に朝練

 昨日のTL8TTに気をよくして、7メガも狙ってみようと早く起きてみる。

 だけどずっと夜更かししているのでそんなにすぐに早くは起きられない。とりあえず6時過ぎに起きたが布団から出るのがつらい。。。

 少し前までは7時ころがSRだったが、今は家を出るころ急速に明るくなっていた。
 シャックに入ったときはもう結構明るくなっていた。。。急いでリグの電源を入れる。

 まだ160で数局聞こえている。9Aが出ていたので呼んでみた。一応電波は出ているようだ。

 80はさっぱり聞こえない。YT3Xくらいかな。TL8TTのレポートあったようだけど聞こえず。

 お目当ての40mはSSBでのQRV。しかも7083では品位のかけらもないオヤジ共のグループQSOみたいなのが聞こえる。
 ライセンスサーチしたら50Wらしい。国内もさっぱり開けてないこんな時間でこれだけ強く来てるってどんだけ出してるんだ。。
相手はトラックらしいがスキップでほとんど聞こえてない。そいつが喋っているすきにコールしてQSOした。

 しかし、無知と言うのは恐ろしいものだ。ただ普段ならくだらないこと喋っていても気にも留められていないだろうけど、アフリカのしかもペディションが出ているとなればみんなが邪魔だなと思いながらそのくだらない会話(実際にはその陰にいるTL8)に聞き耳を立てている。
 当の本人たちは聞かれているなんて1㎜も思っていないだろうが、まぁペディでなくても普通に聞かれていると思って喋っていた方がいいことには間違いないが。。。
 特に衛星の周波数に出てくるFMとか、誰もいないだろうと思って低レベルの会話してるのがいるが、まさかはるか頭上の衛星を経由してアジア全域にバカをばら撒いているなんて気づいてないんだろうねぇ。。。w

 今日はスッパマンポリスは朝早くて休みだったのか分からないが意外にもオンフレは荒れていなかった。
 あそこで辺に言い争いになるとただでさえ弱いアフリカがかき消されるところだった。

 夕方は少し遅く行ったらもうかなりコンディション下がっていた。
 昨日に比べると良くなかった印象。17mとかさっぱりだったし20mのロングパスも弱かった。

 40mは朝もレポートがあったPY0F/PP1CZが出てきていたのでQSO
 どこのバンドもパッとしない日だったと思う。
 
 160は2月に入ったので厳しくなりつつあるんだろうけどまだちょっと聞こえてるようだ。
 少し朝練が必要かなぁ。。。
 
 

 | HOME |  »

Counter

TweetsWind

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Solar Data

Appendix

JH0RNN

JH0RNN

へっぽこアマチュア無線局
国内外問わずQSOしています。HF~UHF,CW/SSB/RTTY
上のバンドは衛星とEMEも。

よろしくお願いします^^

FC2Ad

まとめ